« 現代アートって | トップページ | 學長 »

2009年9月 8日 (火)

ネオネオ展

 「ネオテニー・ジャパン」の元となつた高橋さんの蒐集品が「高橋コレクション日比谷」として、テーマを決めて開催されてゐる。現在は「ネオネオ展 Part1男子」と、若い男性作家の作品ばかりを並べ、果たして草食系男子なのかを問ふ内容です。
 奇抜なもの、ギョッとする視線、繰り返し描かれる自分、何世代にも亘る蝉の生涯、鏡に映るのは綺麗な女の子なのだけれども裏側は繪の具が溶けたやうなドロドロした固まりであつたり… 觀るものに、色々考へさせてくれる。素直に美しいと感じるものだけがアートではないのですねえ。かう云ふものも樂しめるやうになつた。 

|

« 現代アートって | トップページ | 學長 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/41030/31206971

この記事へのトラックバック一覧です: ネオネオ展:

« 現代アートって | トップページ | 學長 »