« 銀週間 | トップページ | 奈良のランチ »

2009年9月24日 (木)

萬葉文化館

 すっかり美術館通ひが定着した感あり。通信教育の關西の仲間が企劃したツアーに參加。一箇月振りに顔を合はせる仲間も元氣にて、勇氣百倍、今後の學習報告(レポート)に熱も入りけむ。

 朝7:30に出立、のぞみから京都で近鐵特急に乘り換へ、橿原神宮前に11:37到着。晝食後、奈良縣立萬葉文化館に於いて、先月の實習にて世話になりし學藝員の先生、自らの案内にて館内を連歩く。日本畫展示室では、何故この順なのか、どうしてこの照明なのか、作家の謂われ、畫材の岩繪の具、繪の評價など微細に亘り説明を受ける。本物の作品を前にし、授業とは違つた熱の入れやうで、一々こちらも頷くこと頻り。官立故の問題點も包み隠さず教授。
 その後、驛前の居酒屋で懇親會になるも、18:55の特急に乘車し、また京都でのぞみに乘り換へて23時前に歸宅。彈丸旅行なれども、いと樂し。されど、この異形の「せんとくん」なるもの認めざりき。いと氣味惡し。
Sentokun

|

« 銀週間 | トップページ | 奈良のランチ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/41030/31369192

この記事へのトラックバック一覧です: 萬葉文化館:

« 銀週間 | トップページ | 奈良のランチ »