« ウェイトレス | トップページ | 韃靼人の踊り »

2009年11月30日 (月)

一千人

 サントリーホールでアルミンク指揮の新日フィルのマーラーの交響曲第8番、俗に云ふ〈一千人の交響曲〉を聽いた。
 1910年にミュンヘンの博覧會會場での初演の際、ほんたうに出演者が1,000人を超えたことから興行主がこの名が附けたと云はれるもの。作曲者自身のマーラーの指揮で、管弦樂171名、獨唱者8名に兒童合唱350名を含む合唱團850名で全1,029人であつた。

 さすがに、赤坂にそれ程入らないものの総勢200人位は居たであらう。マーラーはメンゲルベルク(指揮者)に「宇宙が鳴り出すと思って下さい」と傳へやように、通常の管絃樂團の他にパイプオルガン、ピアノ、ハープ、チェレステ、ハルモニウム、ティンパニーは2人でそれぞれ3臺、それにマンドリン、そして客席通路からトランペットとトロンボーンも演奏する「バンダ」もゐて、確かギネスに乗る程の滅茶苦茶、大編成であつた。

 當然のことのやうに滅多にはやらない。大勢の出演者の練習も謝禮もたいへんだからである。自分も過去二回しか生演奏に接してゐない。早稲田大学百周年の折と伯林市誕生750周年の時に東伯林で聽いた二回だけ。一度に大勢が音を出す爲、フォルテッシモの大音響は凄まじい。交響曲の大スペクタルは他に類を見ない。

 マイクを使ひアンプで増幅しないので、耳が痛くなることもなく、どっしりと腹に應へる感じだ。併し、室内樂のやうな繊細な箇所もあり、獨唱の妙や、合唱の美しさも味はへる極上の佛蘭西料理のフルコースの感じだらうか。

 だからこそ、日本のオケの下手さも目に附いてしまふ。弱音でアンサンブルが亂れたり、木管楽器が抜け落ちたり、或ひは合唱の弱音が弱音ではなくメゾ・ピアノ程度で全然ピアニッシモになってなかったり、獨唱者の力量の差がありありと判つてしまふ爲、逆の意味でハラハラもする。さう云ふ引き算の要因を超えて、滿足感を味はえた。ほんたうに滿腹となり、90分間休みなく、演奏者も聽衆もよく頑張りました。

 2階後列なので、全景を見渡せた上、天井で跳ね返った音が渾然一體となり、抜群の音響であった。この感動は分け與へられないが、別オケの動畫でも如何でせう。

 冒頭

 終樂章フィナーレ

|

« ウェイトレス | トップページ | 韃靼人の踊り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/41030/32309173

この記事へのトラックバック一覧です: 一千人:

« ウェイトレス | トップページ | 韃靼人の踊り »