« オイル燒 | トップページ | 福富太郎蒐集品 »

2009年12月15日 (火)

寺子屋

 お寺から文化を發信しようと池上實相寺で始められた寺子屋の「文樂ワークショップ」に今年も參加した。間近で人形が見られ、懇親會では直接話が聞けるのが魅力。
 最初に桐竹勘十郎、竹本津駒大夫に鶴澤燕三の三人で《假名手本忠臣藏》の失敗談や思ひ出話が話された後、素淨瑠璃で〈大序〉が語られた。そして、勘十郎さんの解説で人形の構造や遣ひ方を見せて貰ひ、八段目〈道行旅路の嫁入〉を戸無瀬はなしで、加古川本蔵の娘、小浪だけで演じてくれた。背景の富士がバタッと手前に落ちて琵琶湖に早變はりする話を事前に聞いてゐたので生き生きとその状景が浮かぶ。
 大好きな九段目〈山科閑居の段〉は難しいのだとか。住大夫の泣きが耳に附いて離れない、否、携帶電話にもCD丸々入れて聽込む程惚れ込んでる箇所なのだ。津駒大夫は朗々と語るので聞き取り易くて好きだ。燕三もノリがよく、響かないお寺の座敷でも迫力滿點であつた。

 住大夫はスミタユウなのに、何故、津駒大夫はツコマダユウなのかずっとタユウとダユウの違ひをどこでするのか氣になつてゐたが、大夫の前に音二つなら濁らず、それ以上なら濁ると初めて知った。成る程ねえ。

|

« オイル燒 | トップページ | 福富太郎蒐集品 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/41030/32484774

この記事へのトラックバック一覧です: 寺子屋:

« オイル燒 | トップページ | 福富太郎蒐集品 »