« 職権亂用 | トップページ | 文樂12月公演 »

2009年12月18日 (金)

別天地或ひは理想郷

 先日、造形大の先生方の集まりが弊社であり、名刺交換と共に頂いた招待券で、出光美術館の「ユートピア 描かれた夢と樂園」展を觀に行く。

 Ⅰ夢ものがたり
 Ⅱ描かれし蓬莱仙境-福壽と富貴
 Ⅲ美人衆芳-戀と雅
 Ⅳ花樂園-永遠なる四季

と分かれ、主に掛軸や屏風、磁器等収藏品が品良く、清楚に並べられてゐた。低い天井の壓迫感がなく、薄布で仕切り、和歌が書かれ、順序を指し示す看板すらも見易く、書き込まれた文字も説明文の横に印刷されてゐるのが嬉しい。來館者の立場で展示され、さすがは笠嶋忠幸先生(學藝員)の展示であつた。

 桃山時代の屏風繪は激しい色遣ひなのに、嫌味がなく、剥げ落ちた胡粉すら美しい。此処の収藏品はどれだけあるのか知らないが、世界に誇るべき書畫が殘つてゐるのは素晴らしい。休憩所からは日比谷濠を挟んで楠木正成像、二重橋、遠くに武道館等を望む位置にあり、無料のお茶を啜る老人たちが電線の雀のやうに連なり、大きな聲で話してゐたのも印象に殘つた。

|

« 職権亂用 | トップページ | 文樂12月公演 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/41030/32547299

この記事へのトラックバック一覧です: 別天地或ひは理想郷:

« 職権亂用 | トップページ | 文樂12月公演 »