« 宣傳 | トップページ | 野田 惠 »

2010年1月 7日 (木)

41年振り

 正月の箱根駅傳では母校が8位に入賞し、41年振りに翌年のシード権を得た。晴れ渡つた寒空の2日の朝、7時半に品川驛に集合し、往路の應援をして來たので、その後が氣になり初めて放送を全部見た。贔屓の大學が出てゐない限り、別世界であつたのが、昨年は何十年振りの出場と出られたことに驚き、今度はシード権を懸けた戰ひだと云ふので、附屬小學5年生を持つ15家族が驅け附け、幟を持つて場所取りをし、配られた小旗を手に待つこと小一時間。8時に大手町を出走後、品川には20分過ぎには團子状で現れ、一瞬のことで寫眞も撮れず。天晴れ東洋大も素晴らしかったが、母校の入賞できるとは誰も豫想だにしてをらず、吃驚した。

|

« 宣傳 | トップページ | 野田 惠 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/41030/32844192

この記事へのトラックバック一覧です: 41年振り:

« 宣傳 | トップページ | 野田 惠 »