« 再現料理 | トップページ | 41年振り »

2010年1月 6日 (水)

宣傳

Hikawajinja 實家に家族一同が集まり、目黒區八雲の氷川神社へ。此処には曽祖父、二代目の藤森勝三郎が寄進した門柱が三ノ鳥居の手前階段横に在る。靖國樣式の三ノ鳥居が建立された前年、1920(大正9)年に整備された模樣。明治神宮がこの年に鎮座されたのに合はせたのかも知れない。
 此処は1817(文化14)年、既に奉納の記録が殘る舊衾(フスマ)村の鎮守の神社で、「癪封じの神」として知られて江戸時代は大いに賑はつたらしい。夏祭の際には素戔嗚尊 (スサノウノミコト) を祀ることから、「八岐の大蛇退治」を表現してた「劍の舞」が奉納されてゐる。
 ネットもテレビのない時代、大いに宣傳となつたことだらう。

|

« 再現料理 | トップページ | 41年振り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/41030/32844254

この記事へのトラックバック一覧です: 宣傳:

» 一阿のことば 22 [ガラス瓶に手紙を入れて]
「後で、その方が申されますには、『私は出来ることなら第一線でお国の為に戦いたかった。そして靖国神社に行きたかった。』 [続きを読む]

受信: 2010年1月 8日 (金) 12時38分

« 再現料理 | トップページ | 41年振り »