« 江戸仕草 | トップページ | 真白き富士 »

2010年1月25日 (月)

削る

Raclet レス協の賀詞交歡會には新任の觀光廳長官、溝端宏さんもご挨拶に見えられ、賑々しく行はれた。官僚ぽくない、なかなか面白い方で名刺交換もさせて頂いた。これなら、外國からの賓客も多く受け入れられるやうになるのではないか、期待が持てる。

 八芳園さんはだいぶ無理をして下さり、極上の立食宴會料理が並んだ。宮崎牛の包み焼きや、フォアグラをパン粉に胡麻をまぶして揚げたものが大根の煮物の上に載せられ、出汁の効いたタレで頂いたり、幻の魚と譽高いクエの姿にやら、打ち立ての饂飩もあり、務矢崎豚のしゃぶしゃぶ等、和洋山海の珍味を頂いた。

 珍しいのは、このラクレット(raclette)。乾酪(チーズ)の斷面を直火で温めて、溶けたところを茹でた馬鈴薯に載せて食べるもの。この黒い機械は專用の温め機で、黒い横棒の電熱で溶かす。ビュフェで見たのは初めてだ。食後に食べようと思ひつつ、挨拶回りをして會話が途切れると、料理を取りに行き、食べ食べしてゐる内にお腹一杯。デザートも、このラクレットを食べられなかった。瑞西(スイス)で口にして以來だから、惜しいことをした。

|

« 江戸仕草 | トップページ | 真白き富士 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/41030/33087092

この記事へのトラックバック一覧です: 削る:

« 江戸仕草 | トップページ | 真白き富士 »