« 水面下の世界 | トップページ | おめでたう »

2010年4月 9日 (金)

亞細亞大陸最南端

 橋が架かり陸續きと云ふ意味で、新嘉坡の南の行樂嶋セントーサの濱邊の人口嶋が、亞細亞大陸の最南端に當たるらしい。このパラワン・ビーチはやや水が濁るものの、白い砂濱は人も少なく氣持ちいい。其処から無料乘合路面車(トラム)に乘り、ビーチの梯子をする。嶋の東の濱タンジョン・ビーチは一般車の駐車場に近いが食事をする処もなく、レストラン建設中故か、もっと人が居ないのでのんびりできる。殆どうちの家族で砂濱を獨り占めできる至福感。唯一在るバーの若いウエイターが氣さくに注文を取りに來てくれるので、つひカクテルなんぞ頼んで、リゾート氣分を滿喫した。海水はかなり温かいが、沖から打ち寄せる冷たい水と複雑に混ざるので、所々身體の箇所により温度差があるのが面白い。
 新嘉坡へ來る際にプールと海に行けるところとの家族の注文にきちんと應えられたのも嬉しい。


|

« 水面下の世界 | トップページ | おめでたう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/41030/34032592

この記事へのトラックバック一覧です: 亞細亞大陸最南端:

« 水面下の世界 | トップページ | おめでたう »