« 六人掛け | トップページ | 勃牙利葡萄酒 »

2010年5月31日 (月)

小山薫堂

 Gackt主演、小山薫堂監修による「眠狂四郎無頼控」を日生劇場で觀た。いつも格好附けて孤高のガクトの雰圍氣は眠狂四郎にピタリだと思ふし、映畫「おくりびと」の脚本家がどんな舞臺にするのか、いやが上にも期待は高まる。

 見渡す限り女性で男性は一割も居なかつた。それだけ皆ガクト目當てに來て、記念品販賣に群がつてゐて、プログラムを買ふのも諦めた。柴田 錬三郎原作、市川雷藏の映畫の記憶が強烈で、それをどのやうに現代的にするのは非常に興味があつた。子供の頃に日曜日の午後、テレビで見たのだつた。ニヒルで虚無的でエロティシズムにも溢れた雷藏演じる眠狂四郎のアイシャドウが怖かったものだ。

 映像を驅使し、ひとりひとり役者が小型マイクを使つてゐるが、滑舌の惡い役者の聲を聞き取り辛い。新劇なのだから、できたらマイクなしで語つて欲しかった。見得は切らないものの、スポットライトだけが最後まで當たつてゆっくり消えて行く樣など、歌舞伎的。時代劇の所爲か、どうも歌舞伎になぞらへて見てしまふ。

 刀を仕舞ふ度にシャキーンと云ふ効果音と共に背景に星が舞ふCG合成、説明過多な演出、場面轉換の度に暗轉されてSUGIZO作曲の音樂で繋ぐので飽きる。まるでテレビ番組のやうに、途中でコマーシャルが入つて水を差される感じとでも云はうか。回り舞臺或ひは、前後左右、装置の入れ替への工夫もできただらうし、同じ座敷でも暖簾や棚を取り替へ、背景の描き割りを變へるだけでもっと短くできる筈なのだが、不滿が殘る。後半はガクトの立ち回りが中心となるが、途中で太刀を落とす大失態。勿體なかつた。

 惡役に徹した嶋田久作、若い侍役の徳山秀典は好演、それに南野陽子は氣附いたが、堤大二郎、田中健等最後のテロップを見るまで氣附かず。
 全體として、最新装置を使ひ乍らも芝居の本質を忘れ、大衆演劇に徹し切れてをらず、主役ガクトを引き立てる要素も少なく、芝居のテンポもダレ易く、折角の持ち味が生かされてゐなかつた。きっと、歌舞伎仕立にしてしまふか、ミュージカルで心情を吐露すればよかったのではなからうか。再演する時には、今回の反省點を踏まえて、もっと刈り込みいい作品になるといいだらう。

 

|

« 六人掛け | トップページ | 勃牙利葡萄酒 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/41030/34902641

この記事へのトラックバック一覧です: 小山薫堂:

« 六人掛け | トップページ | 勃牙利葡萄酒 »