« 疊替え | トップページ | 百段階段 »

2010年8月24日 (火)

大サービス

Enbjoueis 小倉アイスの餡が多いとかさう云ふ話ではなく、演舞場での《東海道四谷怪談》。元々半日掛かるもの故、通し狂言となると時間が掛かるので、途中省略が入る。そこで、その幕の説明が入り、

 そろそろ暗くなつて参りました。お岩樣もいらしたやうです。ほら、貴方の後ろに

と脅かしてから、大詰めに移るとほんたうに客席に…。大いに肝を冷やして涼しくなった。海老藏の利己主義で澁い伊右衛門、勘太郎のお岩、小平、與茂七の減り張りのある三役、獅童の憎々しげな惡黨直助、七之助の可憐なお袖と若者らしい群像であつた。

 どんなに裏切られても最後まで夫を信じた哀れなお岩には、武士の妻としても誇りがあつた。それが毒藥を盛られて豹變して捨てられてしまふ。髪漉、戸板返し、提燈抜け、佛壇の絡繰りなど、昔から知られた仕掛けは今見ても恐ろしい。《忠臣藏》と對の物語としても素晴らしい。鶴屋南北のエンターテイメントに酔ふ。
 因みに、アイスは幕間に食べたもの。

|

« 疊替え | トップページ | 百段階段 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/41030/36316100

この記事へのトラックバック一覧です: 大サービス:

« 疊替え | トップページ | 百段階段 »