« 親子體驗 | トップページ | 新譯イソップ物語 »

2010年8月27日 (金)

紫鈴

Rindo 加州でワイン造りを始めたカプコンの辻本憲三さん。ご自身の名前からケンゾーエステイトワイナリーと名附け、栽培家デイビット・アブリューと醸造家ハイディ・バレットを招き、ナパ・ヴァレーで2005年からワイン造りが行はれてゐる。

 美味いと評判であつたが、まだ一度も口にしたことがなかつた。それが丁度試飲會が廣尾の直營試飲室で行はれた。
 「朝露」2009と云ふソーヴィニヨン・ブランの白ワインは非常に爽やかで、草木の心地よい香りもよく、アルコール度數は高いがすっきりとした味はひ。1割程新樽を使ひ、微妙な差異でしかないが、それが僅かに味はひに奧行きと膨らみを與へてゐる。比較試飲として前年2008も飲ませて頂いたが、こちらは草木や果實の香りがなく、非常に大人しい。奧ゆかしい姉と派手な妹と云ふ感じだらうか。

 「紫鈴(リンドウと讀ませるらしい)」2007はカベルネ・ソーヴィニヨン主體のボルドーブレンドの濃い赤ワイン。澁味の成分タンニンだけでなく、酸味もしっかりしてゐる爲、今飲むには惜しい位、輪郭のはっきりした力強さと上品さがある。比較試飲させて頂いた2006はカベルネ・フランが多く、角の取れた圓やかさが際立つてゐた。孰れにしても、新大陸特有の果實味が全面に出た野性味はなく、飽く迄上着を着た紳士の體。

 「紫鈴」の上には、まだ「藍」「紫」と云ふ銘柄もあり、更に上を目指してゐるのだらうが、今回、試飲させて貰へなかつた。もう少し安價ならリストに載せたいところ。


|

« 親子體驗 | トップページ | 新譯イソップ物語 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/41030/36338521

この記事へのトラックバック一覧です: 紫鈴:

« 親子體驗 | トップページ | 新譯イソップ物語 »