« ケナークラブ | トップページ | 安くてうまい »

2010年11月12日 (金)

花遊ぶ

Kakou 知人が出品されたと云ふので、草月生け花展「花遊ぶ」を觀に、日本橋高嶋屋へ行つた。

 ご存知の方も多いと思ふが、小原流のやうに床の間に飾るやうな形式張つた生け花と違ひ、草月流は「何これ」と云ふか、華道の印象を全く拂拭させる大膽な生け方が多く、生花は勿論、流木や枯れ枝から、どでかく獨創的な作品が多い。よく云へば個性溢れるものばかり。各人2平方米程度の空間に思ひ思ひ飾り附けてあるが、この展示をする人も苦勞したに違ひない。或る程度統一性を持たせると共に、餘り同じやうな感じなものが並んでも飽きるので、適度にばらし、家元、勅使河原茜の超怒弩級な作品は會場だけでなく、百貨店一階にも飾られてゐた。

 この小林花光さんには以前、ベルランで一年に亘つて飾り附けをして頂いたことがある。美術と同じく、理解するものではなく、感じるものだらう。下衆な勘繰りでいけないが、底の抜けた瓶だか徳利を表現したのだらうか。よくもかう細かく編み込んで作つたものだ。棘が刺さらなかったのだらうか。
 中には小學生の作品も。巨大な家元制度の裾野の廣さ、礎を感じさせた。
 

|

« ケナークラブ | トップページ | 安くてうまい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/41030/37619731

この記事へのトラックバック一覧です: 花遊ぶ:

« ケナークラブ | トップページ | 安くてうまい »