« 鐵板 | トップページ | 基督降誕祭 »

2010年12月24日 (金)

討ち入り

6daime 昨日は國立劇場で《假名手本忠臣藏》を觀る。松の間刃傷(三段目)、判官切腹と城明け渡し(四段目)、道行旅路、一力茶屋(七段目)そして討入(十一段目)と云ふ構成で、大序の部分は茶坊主たちが語り、勘平お輕の話は講談師が語るまど、辻褄合はせもされた爲、話の流れとしては違和感はない。それに、幸四郎が師直と由良之助の敵役二役、染五郎が判官、勘平、寺岡平右衛門の三役をこなし、高麗屋の爲の舞臺。

 友人に頼んだお陰で前から4列目中央の好位置なのだが、前の人の頭で歌舞伎座ほど見易くはない。家族4人分ともなると、大枚叩くこととなつたので、デパ地下で買つた安いお辨當にした。演舞場の食堂は美味いが、此処は今一つなのが殘念。

 松の廊下では、桃井若狭之助と高師直との遣り取りも削除されてゐるので、いきなり虐めから入る感じはやや違和感があつた。染五郎の判官は、師直が恥辱を加へられて段々と感極まつて刃傷に及ぶ演技ではなく、あるところでいきなりプッツンとキレる演技であつた爲、昨年、浅草の中村座で觀た勘太郎の方が上手で説得力があつた。
 道行での染五郎(勘平)と福助(お輕)の踊り、一力での染五郎(平右衛門)と福助(お輕)の兄妹の情愛では、福助に若々しさはないが演技は格段によい。染五郎は平右衛門が一番しっくりと來た。

 幸四郎は初役の師直を樂しんで演じたのであらうが、左團次の方が憎々しげでよい。由良之助ははまり役故、無駄がなく、案外と友右衛門(原郷右衛門)が脇を固めて貫禄があり、普段、憎まれ役の左團次が切腹立ち會ひの情に厚い石堂右馬之丞を演じて、新鮮であつた。

 歌舞伎は文樂との違ひを樂しみ、役者の違ひを樂しめるので、何度觀ても樂しい。畫像は入り口正面ロビーに有る六代目菊五郎像。

|

« 鐵板 | トップページ | 基督降誕祭 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/41030/38195694

この記事へのトラックバック一覧です: 討ち入り:

« 鐵板 | トップページ | 基督降誕祭 »