« 食のあり方を考へる | トップページ | ハマ »

2010年12月18日 (土)

四穀物

T1T2T3
 辰巳先生のお話の後は會場となつたエドモントホテルのレストラン「フォー・グレイン」で、先生の考へに基づいた食事を頂くことに。料理の美味ひ不味ひではなく、調理人の心意氣を高く買つてゐるとのご説明。

 鱈場蟹と健菜卵のフラン・椎茸のスープ
 
 天然真鯛のライム風味マリネ 冬野菜を添へて

 葡萄牙風人參のポタージュ

 氣仙沼産帆立貝と相馬原釜産鮟鱇のソテ
 グリーンオリーヴとバジル風味ソース

 シャラン産鴨胸肉のロティ ポートワインと柚子風味のソース

 ショコラとフラムボワーズの特別デザート

と晝間から豪華な佛蘭西料理。最初の椎茸のスープが一番印象深い。畫像はないが椎茸のえぐみが出ぬやうに直火ではなく、蒸して作るのだとか。もうこのデミタス一杯だけで元氣の源が五臓六腑に染み渡り、底力を得るやうに、芯から温まった。勿論、人參の羮(アツモノ)とて比類なきポタージュであり、先生ご推薦の調味料が隠し味に使つてあつたり、頭の知識だえでなく、垂下丹田から感じることができた。

 お隣の席は宇都宮で「石の藏」を經營するご主人とクラシック談義の華が咲き、素敵な晝食であつた。

|

« 食のあり方を考へる | トップページ | ハマ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/41030/38110842

この記事へのトラックバック一覧です: 四穀物:

« 食のあり方を考へる | トップページ | ハマ »