« 基督降誕祭市場 | トップページ | 柳の精、梛の精 »

2010年12月15日 (水)

他の選択肢

 六本木ヒルズまで行くのだから、ついでに映畫でも見ようと前日に座席を豫約して行った。子供達は「ハリポタ」がよいと云ふのだが、どうせ半年もすれば有線乃至衛星放送で見られるだらうからと、實冩版「Space Battleship ヤマト」へ。

 小學生高學年の頃に熱狂したアニメをこの21世紀にどのやうに味附けするのか非常に興味深かつた。宮川泰の有名な旋律に乘り、多少の粗筋變更も目くじらを立てる程のこともなく、丁寧な假想繪作りで迫力もあり、古代進と森雪との戀愛も深まり、なかなか見所の多い大作に仕上がつてゐた。山崎努の沖田艦長、柳葉敏郎の真田技師長、西田敏行の德川機関長等、似た配役も好感がもてた。娘たちは皆生き殘つて歸へつて來て欲しかつたとか、かみさんは危機感の薄い人ばかりでハラハラさせられたとか、それぞれ、見方が違つて面白い。

 主役の古代と森に他の俳優は居なかつたのかと、見乍ら思案してゐた。見終はつても、かみさんとやけに力を入れて話した。が、木村拓哉と黒木メイサ以外にないのではないかとの結論に達したのだった。キムタクが演じると全て木村拓哉になつてしまひ、役柄よりも木村の個性が全面に出るのが氣に喰はないが、王道を行くヒーローであり、ロンゲの雰圍氣が似合ふのは他に居ないだらうと。

 小栗旬ではニヒルになり過ぎるか熱が入り過ぎるだらうし、成宮寛貴だと途中で折れさうだし、玉木宏はロンゲの雰圍氣や艦長は合つてもアニメのヒーローの感じが出ないだらうし、向井理ではアクションに甘さが出さうだし、他のジャニーズの若手、松本潤、山下 智久や亀梨和では雰圍氣がかけ離れてゐるから却下されたのだ。

|

« 基督降誕祭市場 | トップページ | 柳の精、梛の精 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/41030/38062607

この記事へのトラックバック一覧です: 他の選択肢:

« 基督降誕祭市場 | トップページ | 柳の精、梛の精 »