« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月31日 (月)

藏の中

 蹴球日本代表が亞細亞王者になつたのは嬉しい。不覺にも前半戰で寝てしまつたが、ザッッケローニ監督の采配と共に、和をもつて尊しとなした協力態勢がよかつたのだらう。嬉しい週明けとなつた。

 さて、淺草には結構古いものが殘つてゐるが、先日訪ねたギャラリー・エフは慶應年間に建てられた藏を利用して演奏會を開いてゐる。友吉鶴心さんが主催するの琵琶の世界に触れる會「花一看」を聽く。
 冷え冷えとした板張りの狭い空間にぎっしり座布團が並び濃密な空間で、西郷隆盛の最後を詠つた《城山》を聽く。定員を超えてから申し込んだ人は二階席となり、音だけしか聽けない。そして、元日本放送協會(NHK)に演劇監督(ドラマディレクター)の佐藤幹夫さんとの對談となる。これが滅法面白い。
 大河演劇ならば、《太平記》《秀吉》、特別演劇《聖德太子》の他、三年掛りの《坂の上の雲》のメガホンを取った方。今回の《坂の上の雲》は今までの大河演劇の數賣の數億圓の豫算を附け、原作の元帳を調べ、資料を當たり、6年の歳月を掛け下準備をし、日本放送協會の総力を擧げて制作したと云ふ。20箇所で収録は言ふに及ばず、破格の演劇であり、その舞臺裏を氣さくに話してくれた。友吉さんは演劇の裏附けとして舞臺裏で參加した爲、収録場面にも立ち會ひ、打ち上げにも呼ばれたのだ。

 土の在るスタジオは日活しかなく、わざわざそこで撮影したとか、正岡子規の寝てゐるところから見えるやうに切り花を揃へたり、幅廣く明治と云ふ時代を見せるのに相當苦勞したやうだ。
 また、日本海海戰ではバルチック艦隊を追尾する際に、軍艦松嶋の艦長命により、薩摩琵琶で《蓬莱山》と《川中嶋》を山口一治軍醫中佐が演奏した史實があるにも拘はらず、演劇を知らない時代考証に當つた海上自衛官はそんなことがある筈ないと否定したらしい。軍事だけでしか歴史を見ても全體は描けず、戰爭賛美にならないやうに演出し、右翼左翼兩方から非難されないやうにする工夫をしたり、原作にない明治天皇をちらりと描き出すなど裏話が面白かつた。

 メッケル少佐が日本にモーゼルワインを傳へた場面があつたので(原作にもある)、最後に、若い士官に振る舞つてゐたと事實はあるのかと尋ねたら、あの場面は創作ではあるものの、きっとあつたに違ひないと確信したと云ふ。よく描けてゐた。10箇月後が樂しみだ。

 吾妻橋の手前からスカイツリーがよく見えた。
Tree


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月28日 (金)

フェスタ概要

 「春のドイツワイン・フェスタ」概要が決まる。既に續々と獨逸からワインも届き、着々と準備が進められ、切符の販賣も開始された。獨逸大使、横濱市長、獨逸ワイン女王等の來場の他、ドクトールの畑で有名なドクター・ターニッシュ家のご當主も來日豫定だと云ふ。

一般當日4,500圓のところ、一般前賣4,000圓。すき燒今朝のお客樣に限り、尚一層勉強價格でご提供できます。是非、行きたいと云ふ方はご一報ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月27日 (木)

本膳

Honzen_2 「日本料理の素顔 日本人なら知っておきたい料理の知識」柳原先生の第一回目の授業は歴史と流れを大きく捉へ縄文から現代までの和食に就いての話で、「出汁」と云ふ素晴らしい發明があることを習つた。
 二回目は「本膳」。平安時代に基礎はできたものの、膳組作法では最初から主食であるご飯は左に置かれたと云ふ。日本では古來左側に位置する者は格上なのだが、これは北を背にして南向きに座る天皇が日出る方角の東に近いと云ふことから來たらしい。從となるお味噌汁は右側となる。正面から見ると左右あべこべで分かり辛いが、天皇から見て左に左大臣(格上)、右に右大臣なのだなあ。

 實物の朱塗りの本膳を持つて來て下さり、永平寺の應量器と云ふ入れ子式の漆器や、東大寺の荘園時代に年貢が納められた後に振る舞つた結解(ケッケ)料理、それに大皿を取り分ける卓袱料理等の影響から懐石ができたことなど、懇切丁寧に教はつた。そして、ベジタリアンの福茶料理、酒主體の割に自由な會席料理などもあり、序でに箸も正しい持ち方も傳授された。和食の基本中の基本であり、きちんと箸が持てないと、摘むだけでなく、裂いたり、切ったりできない。今度の親子すき燒教室で教へてあげよう。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月26日 (水)

嗣家

 先週から5回の連續講義「日本料理の素顔」を京都造形藝術大學の東京學舎で受けてゐる。講師は近茶流嗣家(シカ)、柳原尚之さん。
 かみさんが結婚前にこの「和食界の貴公子」のお父さんの一成家元の柳原料理教室で懐石を習つてゐたこともあり、きちんと和食の流れを知つてをかうと思つた。だいたい何故、ご飯が左でお味噌汁が右なのかも知らない、情けない五代目當主なのだ。

 かみさんが習つてゐた當時、嗣いだばかりの一成氏の下、生徒さんたちは先代から直接教へを受けたおばちゃんたちが主流で、少しでも違ふことを言ふと「先代はかうでした」と窘(タシナ)められて、シュンとしてしまつたらしい。
 和食を作らうとして、ふと不安になつたり、何か分からないことがあると、今でも先生のご本を紐解く位だから餘程爲になつてゐるのであらう。そんなかみさんの姿を身近に見てゐて、氣になつてはゐた。これを機會に同じ宗家(ソウケ)から教へを受けられると思つて申し込んでみたら、息子さんであつたので驚いた。かみさん曰く、まだ高校生位で家元の補助として仕へてゐて、やんちゃな盛りに偉いなあと思つたのに、大きくなつたのねえと。

 三十代前半の先生は溌剌として、ご自身の奈良お水取り修行の話や亞米利加での講義の話など、本筋以外の挿話も實に興味深い。話藝として、間合ひだとか抑揚だとかで人を惹き附けるところまでは行つてゐないが、上手にパワーポイントを使ひこなし、前途洋々とした未來を感じるのだ。ご自身も料理を作るのだらうけれど、人前で説明するのはたいへん。墨田區立中學での職業講話會は、この講義と重なりお休みするが、興味の餘りない人をこちらに向かせるのは難しいもの。料理一筋の自信に溢れた話し振りと、謙虚な姿勢はおばちゃんたちの心を掴んで離さないことであらう。

 15名の受講生は年配の男性ふたりと自分以外は女性ばかり。年齢層も幅廣い。最後は實習もあるので、樂しみだ。

 


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月25日 (火)

料理に釣られて

 レス協理事會の後、恒例の賀詞交歡會が會員の八芳園であつた。此処は何と云つても庭が美しい。特にロビー階に在るスラッシュ・カフェから眼下に望む櫻花の如きは絶景だらう。單なる結婚式場だなんて侮つてはいけない。改装されてからと云ふもの、施設や調度品だけでなく料理も格段によくなつた。

Gasikokan 立食宴會では後から遅れて來る人が多く、入り口附近に人が溜まるので、顔見知りに挨拶をし、近況を話し乍ら、開場と共に奧へ奧へと進む。中央で盛んに刺身を盛る板前が居た。然も、女性だが、切れのよい動きで矢鱈と美味さうな鮪のトロ身を切り分けてゐる。
 よくよく見れば、大曲の本鮪だと云ふ。食べたことのない超高級品。押し出されるやうにして自然に、挨拶が始まる頃には真ん前に陣取つてしまひ、乾杯後、最初に頂いた。涙が出る程滑らかでコクのあるトロだ。向かひには河豚刺身、宮崎牛のステーキ、宮崎鶏の天麩羅、燒き蟹、白湯のサムゲタン、ビーフシチュウ、白子の茶碗蒸… また食べ過ぎた上に、 ワインの硝子杯も幾重に空け、すっかり氣持ちよくなつた。

 この日は130名もの參加者があつたと云ふ。 何でも、觀光業界の新年會でも、一番料理が美味しいと評判で他團體代表者がお連れさんを伴ふかららしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月24日 (月)

町内会

 新年會が續く。東新橋1丁目町會新年會が、汐留の中華料理店「潮夢來」であつた。大層な面構へで、休日の晝間も混んでゐて、近いのに行つたことがなかつた。

 新橋驛の改装は借り主が出て行かず2~3年は遅れること、昇降機が附き、狭かつた東海道線プラットホームが廣がること、マッカーサー道路(都市道路計畫環状2號線)の爲移轉した日比谷神社の大祭を今年は行ふこと、道路地下化に伴ひ地上部閉鎖が信號機移動が遅れ遅延すること、災害時は地元町會を通じて支援物資を配ることなど報告があつた。

Chao1Chao2Chao3
さて、ここの料理は中國飯店の經營で折良く丁度社長さんも顔を出し賑はつた。本土から一流の調理人を連れて來て料理するだけあつて、上品な薄味で美味い。三點盛の前菜に續いて、鱶鰭と鮑の羮(スープ)、北京烤鴨(北京ダック)、鱈の餡掛け、酢豚、焼きそば、マンゴの杏仁豆腐、黒糖餅のフルコース。然も、最近の流行で全部小皿に取り分けて持つて來てくれるので、近隣の諸先輩方に氣を遣はずに濟む。但し、家賃の低下、空室増加、小火騒ぎ、地元不動産所有者ならではの身近な話題で時は過ぎた。

 併し乍ら會話が途切れるとつひ杯を重ね、紹興酒を飲み過ぎてしまつた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月21日 (金)

銀英

 大好きな長編動畫(アニメーション)「銀河英雄傳説」がつひに舞臺となつた。今回は、第一章 銀河帝國編である。本篇110話、外傳50話、劇場用長篇作品3本の超弩級動畫だ。原作は田中芳樹 『銀河英雄傳説』創元 SFSF文庫でも、外傳5巻も含め一連(シリーズ)全冊で15巻にもなる。

 人類が二手に分かれ150年以上も一進一退の戰爭が續けられてゐた頃の未來の話。宇宙人や特殊な兵器は出て來ず、飽くまでも人が中心なのがよい。特に銀河帝國軍のラインハルトと自由惑星同盟のヤンと云ふ好敵手を中心に、決して勸善懲惡ではなく、複雑な人間模樣が戰爭を通じて描かれる。
 
 動畫では何故か帝國軍は獨逸人の名前が多く、全編クラシックが流れ、優美な制服と相まつて、つひ肩入れしてしまふ。列柱や革張りの司令官席など優雅な帝國軍戰艦艦橋。巨大映冩幕(スクリーン)に向かひ味方の駒を動かすところや、激しい戰闘をどのやうに描いた上、各人の個性を如何に出すか非常に注目してた。

 舞臺版では、平成の假面ライダーや戰隊もので活躍中の若い俳優ばかりを集めてゐるらしい。道理で觀客は女性ばかり。戰闘場面は群集が踊り、列をなして繰り廣げ、主人公からは聞いたことのある科白が度々出て來るし、衣装や鬘ににも凝つて、雰圍氣作りに大いに役立つてゐた。本傳の第1期 [1~26話]を2時間に縮めて帝國軍側だけで描くには、やや無理もあるが、破綻することなく巧く纏めてゐた。

 若手俳優の中で年老いた皇帝役の長谷川初範、皇帝の寵姫アンネローゼはまるで「ベルサイユの薔薇」のやうな貴族趣味に溢れた白羽ゆりの演技が光つてゐた。主人公ラインハルト(松坂 桃李)と部下にして親友のキルヒアイス(崎本 大海)の厚い友情がきちんと描き切れてゐなかつたのは、物語を追ふのが精一杯な演出の所爲かも知れない。ましてや、初めて觀る者には惑星の名前、個人名に會戰名など片假名ばかりで辟易したかも知れないが、自分のやうに好きな者には納得のいく舞臺であつた。次回は抽選故、當たるだらうか。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月20日 (木)

北白川本店

Tenichi 瓜生山の京都造形藝術大學近くに在るラーメン店「天下一品」が一大鎖店の総本店だと云ふ。ラーメンに就いて講釈をたれる程食べてゐないので、偉さうなことは言へないが、ここは「こってりスープ」で人氣を得てゐる。
 自分は昔乍らの屋臺の味、醤油味に太麺が好きなのだが、折角なのでこの「こってり」のメンマラーメンを頂く。一緒にお手傳ひをした仲間は唐揚げセットと云ふラーメンに骨なし鶏唐揚げ、ご飯、お新香の定食だ。そんなに炭水化物を一遍に取つては午後からお腹一杯で眠くなるから、自分には無理。

 濃厚スープと雖もベタ附くやうな嫌味がなく、滑らかでなかなかの味はひ。行列を作つて食べる譯だ。かう云ふスープを開發するのも苦勞しただらう。屋臺から叩き上げた社長の心意氣を頂いた。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年1月19日 (水)

ブガッティ

Bugatti 「走る女性」展の目玉「ブガッティ」。少しは自動車の歴史に興味ある者にとつて、最も憧れの競走車(レースカー)のひとつなのだ。それが所有者と共にやつて來た。細かい型式までは知らないが、自動車登録番號標(ナムバープレート)の附いた完動車が車兩専用運搬車(トラック)から降ろされ、館内に搬入され、展示會場まで押して行く。

 最初の難關は入り口の3段の階段。その段差に橋を架け渡し、内燃機關(エンヂン)に火入れをして自力で上がつてくれたので、重量800瓩の車體はスルりと動かせた。車輪があるので、動きだせば押し易い。狭い壁や角に氣を附けて、そろりそろりと青いビニールシートの上を押すのだ。展示會場まで結構遠い。敷いたビニールシートを前へ、前へ運び、床も傷附けない完璧な搬入となつた。

 目の前でいきなり内燃機關に火が入り、爆發音が聞けただけでも昂奮したが、直接触れて押せるのも實に愉快。タイヤとお尻の部分以外に押す箇所はないものの、佳い。凄く好い。以前、にBMWの舊車に乘つてゐたのも思ひ出す。使ひ勝手の惡さや燃費の惡さ、維持費を考へると、ほんたうに所有者は尊敬に値する。

 可能であれば座席に座りたかつたが、ぐっと堪へて我慢して展示に專念。幾度も切り返しをし、臺の真ん中に載せた。構造が單純なだけに計器類も少なく、無駄のない外形が美しい。

運轉主は肩まで出てしまふ位の細い車體、座席の際、膝裏を通る手動式制動機(サイドブレーキ)であつたり、泥除けのないタイヤ、いかにも競走車と云ふ面構へもいいのだ。

Tenji1 照明の位置決めを任され、作品に同じ高さに當てる。今週から一般展示。皆の者、心して見よ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月18日 (火)

三輪車

Benz 京都造形藝術大學構内に於ける「走る女性」展示の準備として、朝到着した1886年型の「Benz Patent Motorwagen」 三輪ベンツ(複製)をトラックから降ろし、青いビニールシートの上を手で押して搬入作業。車重300瓩(キログラム)と雖も、何人もの人の手が要る。殆ど馬車の感覺な上、後輪がまるで人力車のやうで美しい。

 開發者カール・ベンツが街中でしか乘つてゐなかつたのを見兼ねた奧さんベルタは、もっと世に知らせねばならぬと、息子たちを連れてマンハイムから106粁(キロメートル)離れたプフォルツハイムの實家へ乘つて歸つたところ、たいへんな評判となり、以來ガソリン内燃機關車の人氣が高まつたと云ふ。然も、世界に一臺しかない爲、ガソリンスタンドとてなく、代はりに藥局でベンジンを買つて入れたのだ。矢張り女性の力によつて世界は動くのである。

 それに先立ち電氣自動車は存在したものの、當時の電池では精々50キロしか走れず、開發が止まつた爲、現在の最新のものでも100キロ程度なのだと云ふ。ガソリン車に比べると100年は遅れてゐるものの、大容量蓄電池を作れば大儲けにもなるとか。日本の若人よ、開發してくれ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月17日 (月)

YukiFujisan 昨日、朝食時には青空が見えてゐたので、てっきり日本晴れかと思ひきや、雪のちらつく古都。既に新幹線に遅れて出てゐるので、繰り上げて歸へる。福岡發の山陽新幹線が軒並み遅延してゐる中、大阪發の東海道新幹線は5分程度の遅れ。前のが進まない限り進まないので雪中は徐行し、のんびり驛辦を食べて、小説讀んだ。

 幾度かの停止の際、ふと車窓から見える線路際の田圃の奧、竹藪に積もった雪が風に揺られて舞ひ上がる。薄曇りの空に純白の粉雪が溶け込むやう。和の趣が美しく、何故か等伯の松林圖を思ひ出した。車中故、寒さを感じず、音もないところが、屏風繪を見入るやうであつた。

1 野菜たっぷりの驛辨は、胃もたれせずよい。濱名湖を過ぎた邊りから雪は止み、濱松驛で臨時停車の上、車體に附いた雪を落とし、1時間近く遅れて品川到着。 そのまま池尻大橋の大學倶樂部同期會へ出席。思はぬ雪の影響を受けたものの、無事に歸京。

 本日、元氣に出社。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月14日 (金)

京都出張中

Fujisan 本日、明日と京都造形藝術大學 人間館1階、ギャルリ・オーブ内で開かれる企劃展「走る女性」 の手傳ひに瓜生山へ來てゐます。
 ブガッティやメルツェーデスの複製車の搬入をします。ほんたうは當時の格好をして、車中から手を振りたいところです。

畫像は新幹線車中から見えた霊峰。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月13日 (木)

最古のワイン

 『時事通信』に拠れば、アルメニアで古代埃及(エジプト)よりも古い約6100年前のワイン醸造施設が發掘されたと云ふ。
 足踏式の葡萄絞り所や、醗酵させる爲の入れ物に留まらず、葡萄の種や赤ワイン特有の色素も確認され、間違ひないと發表された模樣。米加州大學羅符(ロス・アンゼルス)校などの國際發掘班の快擧と云ふので、ワイン醸造で名高い同大デービス校も協力したに違ひない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月12日 (水)

100回記念

 自分が所屬してゐた青學オケの定期演奏會が來春で100回を迎へる。OB會として何かお手傳ひできることはないかと、傳手を頼り、つひに會場がサントリーホールに決まる。これから切符を現役學生と連携して販賣せねばならないだらうし、随分と掛かるであらうから寄附金を集める必要もあるだらう。OB會事務局長は忙しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月11日 (火)

ドイツワイン祭

Minatomi 3月12日(土)に横濱で行はれる「春のドイツワインフェスタ」打ち合はせで今月も横濱へ。1,000人を超える人を集めねばならず、實行委員會では智惠を出し合ふ。末席に加はる者として一抹の不安も殘るが、何として成功させようと云ふ氣概に溢れてゐるので助かる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 7日 (金)

夜の帷

 正月早々、新國で樂劇《トリスタンとイゾルデ》を觀る。大好きなオペラだが長くて、休憩を入れると5時間を超える爲、毎年掛かるものではない。
 毒藥のつもりが誤つて媚藥を飲んでしまつた爲、人目を忍んで、逢瀬を重ね、周りが見えず、二人の自己の内面に沈殿して行くので、もしも、途中寝てしまつても殆ど場面は變はらず、音に身を任せるだけでいい。

 歐州歌劇場で鍛へられた大野和士の指揮はねちっこくなくて澱むことなく流れ、輕過ぎず重過ぎず、浮附かず疊み掛けるやうな迫力もあつて、立派であつた。日本人指揮者も此処までよくなつたかとしきりに感心。それに應へる東フィルもよく頑張つた。

 デイヴィッド・マクヴィカーの演出は舞臺上に大きな海を表す水を湛へ、イゾルデの心情を表してゐるのか、壊れかけた船は回轉するのはよいとして、亞剌比亞風の水夫が大勢出て來るのは疑問。また、大きな太陽が真っ黒い空にうかび、〈愛の死〉と共に沈む演出は、一瞬月にも見えるのだが、クレーターではなく、どう見ても黒點やらフレアのやうなものまで描かれてゐるので、自分には太陽にしか見えない。夜を求めるトリスタンとイゾルデには、晝間こそ暗闇であり、夜の帷の降りた夜中こを愛に溢れた明るい世界だと云ひたかつたのであらう。もしも、赤い月であつたとすると、《ヴォツェック》のやうな狂氣の世界に陥るので、太陽であつたと信じたい。そして、1幕幕切れでマルケ王が姿を現さないのも新鮮であつた。登場人物の設定が随分と年齢を上げてあつて、歌手の實年齢に近いかも知れない。それ故。マルケ王がよぼよぼの爺さんであつたのも驚いた。

 侍女ブランゲーネ役の細いエレナ・ツィトコーワのメゾの歌聲が一番響き、トリスタン役のステファン・グールドも貫禄十分、聲もよく通り、イゾルデ役のイレーネ・テオリンも納得のいく歌ひぷりであり、クルヴェナール役のユッカ・ラジライネンも好演技で、非常に完成度の高い《トリスタン》であつた。見終はつて、數日の間、ずっと頭の中で旋律が繰り返し甦る。かう云ふ機會に惠まれた奇跡を素直に喜ばう。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 6日 (木)

緑旗

Hata 第87回箱根驛傳に聯續出場した母校の應援に沿道迄行かなかつたので、緑旗は使はず仕舞ひ。昨年の往路を品川驛前で應援したものの、アッと云ふ間に集團は通り過ぎてしまひ、小一時間寒さの中待つただけで選手の名前も知らず、とんだ應援であつた。それなら、今年は復路7區で10位以内なら日比谷通り邊りへ行かうかとも思つたのの下位に沈んでゐた爲、テレビ觀戰。
 さうしたら、8位爭ひも激しく、決勝線間際で國學院の選手がテレビ中繼車につられてコースを外れ、大波亂の末、母校は9位入賞。來年の優先出場権も獲得できた。勝負の嚴しさをまざまざと見せ附けられ、涙を飲んだ城西大は氣の毒だが、きっとこれを糧に強くなつて歸へつて來るのだらう。大學オケOB會で寄附した甲斐があつた。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 5日 (水)

賀正

 本日より通常營業。本年もすき燒今朝をご贔屓の程、宜敷くお願ひ致します。

 さて、この正月は例年通りに過ごした。元旦は家族で、二日は實家で過ごした。弟たち家族も集ひ、乳飲み子も入れると総勢14名の大賑はひ。
 閉塞感の漂ふ昨今、正月位は賑やかなのは嬉しいが、この子等が大人になる頃には國の借金はどうなつてゐるのか、心配にもなる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »