« どぢゃう | トップページ | 立春 »

2011年2月 2日 (水)

行事

 立春を過ぎたら掛軸も春ものに交換するので中身を確認してた。雛人形を飾る季節となる。昨日の柳原先生の「日本料理の素顔」では行事食と旬の話であつた。

 出席を確認し乍ら「雑煮」に就いて尋ねると関東式の澄まし汁に燒いた角餅が多かつたが、全國各地、同じ名前で中身が違ふ。この邊りは『スタッフアドバイザー』の連載に書いたので、結構調べたので自分も詳しい。知ってる、知ってると大きな聲を出したかったが、ぐっと堪へてよき生徒に徹する。
 實に要領よくパワーポイントで實例を見せてから、五節句の決まつた料理に就いて解説があり、季節の食べ物を取り入れる大事さを説いてくれた。

 辰巳先生のお母さんの濱子さんの『料理歳時記』を讀んでも、技術の進歩が季節感を失はせ、便利によってわからなくなつたことを嘆いてをられた。昭和37~43年の高度成長期に毎月『婦人公論』に書き綴つたものをまとめたものだが、既に新しいものばかりに飛び附く若者、公害問題などが出て來て、ちっとも變はつてゐないことがわかる。

 最近、かみさんは面倒だと文句を言つてゐるが、簡易袋出汁は止めさせ、最近、我が家ではきちんと出汁を取るやうになつた。すると、化學調味料がますます駄目になつた。今まで以上に味がきつくて、舌に殘る。日本人は繊細だつたのだ。

料理歳時記 (中公文庫)Book料理歳時記 (中公文庫)

著者:辰巳 浜子
販売元:中央公論新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« どぢゃう | トップページ | 立春 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/41030/38704508

この記事へのトラックバック一覧です: 行事:

« どぢゃう | トップページ | 立春 »