« 行事 | トップページ | 明朝表具 »

2011年2月 3日 (木)

立春

Ohinasan 寒い寒いと思つてゐても、立春を迎へた。一月餘りで雛祭り。店内に飾る所はないので、手拭ひ額だ。昨年の内に京都で買ひ求めた手拭ひは永樂屋細辻伊兵衛商店のもの。

 粋で洒落た江戸風なものと違ひ、技巧を凝らし、ほんわかして見せる技は京都ならではだと思ふ。こんなに買ひ込んでどうするの、とやや怒りに聲を震はせたかみさんをよそに、店用なんだからと納得させるのも一苦勞。
 普段から取り替へ引つ替へ鞄に忍ばせ、汗を拭き、膝に載せてナフキン代はりにし、たまにはアスコットタイのやうにして使ふので既に自宅には山程手拭ひはあるからだ。特に藍染めだと臭ひ消しの役目もあるので、大汗かいた夏には大活躍。温かくなるとすき燒は賣れなくなれど、春が待ち遠しい。

|

« 行事 | トップページ | 明朝表具 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/41030/38709721

この記事へのトラックバック一覧です: 立春:

« 行事 | トップページ | 明朝表具 »