« シュパーゲルワイン | トップページ | 住大夫 »

2011年2月17日 (木)

新世界ワイン

Weincaf 歐州(舊世界)ではない新世界ワインを得意とするデプトプランニングの試飲會に參加した。事務所での輸入ワイン勢揃ひ。35種を品種別に順繰りに試す。
 以前は加州に植ゑられてゐなかつたヴィオニエやシュナン・ブランと云つた品種が佛蘭西とは違ふ趣でなかなか面白い。値段は氣にせずに香りを嗅いで口に含んだ途端いに、お~と感激するワインがあるがこれは上代で一萬圓近くするので納得。
 自分の好みばかりでは賣れないので、飽く迄もお客さんの立場で注文し易い價格帶を選ばないとならない。マクナブリッジのジンファンデルがなかなかよい。但し、葡萄畑からゴジラが生まれ出たと云ふ挿繪が大きく入つてゐるので、すき燒 今朝不向きなのが殘念。空想科學映畫好きの所有者の趣味らしいが、餘り個性的なのは困る。中身は同じで別ラベルはないか尋ねたが、現状ではないらしい。氣樂な加州料理屋やワインバーでは受けてるらしいが、來年の辰年に合はせて龍の意匠を提案してゐるらしい。どうなるのやら。

|

« シュパーゲルワイン | トップページ | 住大夫 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/41030/38895909

この記事へのトラックバック一覧です: 新世界ワイン:

« シュパーゲルワイン | トップページ | 住大夫 »