« カフェ | トップページ | こだまでせうか »

2011年3月31日 (木)

革命

 自粛の雰圍氣ばかりでやるせないが、映畫「SP 革命編」を觀た。警視廳要人警護警官(Security Police)の活躍を描いたテレビドラマ「SP 警視廳警備部警護課第四係」全10話に加へ、スペシャルアンコール特別編放送後、映畫「SP 野望編」が制作され、更に今回の映畫で完結した。我が家の女性陣たちから繰り返し見せられた爲、つひに一緒に映畫館へ足を運ぶこととなつた。
 いやあ、實に面白かつた。今まで流れてゐたやうなクラシックは今回使はれず、緊迫感が持續し、息をも附かせないテムポよい物語展開、細部まで再現されたセット、何か畫像処理により色調も特殊効果が現れ、大どんでん返しも素晴らしい。都心が舞臺故、知ってる場所でのロケも、あそこ知ってると云ふ感覺も面白い。

 壓巻は何と言つても、國會議事堂内部、特に衆議院本會議場の再現。ロケをしたのかと思つたが、最後まで協力に名前が出ず、セットだと知る。映畫の爲に格闘技を習つたと云ふ主人公、井上薫役の岡田准一。ジャニーズのV6と云ふちゃらいグループの一員くらいの認識でなかつたが、間違つてゐた。大冩(クローズアップ)にも耐えられ、擧銃を構へ乍ら真ッ直ぐ走る姿は振れもなく銃口正面を向いてゐるなど嘘がない。宮藤官九郎脚本の「木更津キャッツ・アイ」で注目されてゐたが、こんなに成長するとは、間抜けなコマーシャルとは大違ひ。役者根性が氣に入つた。

|

« カフェ | トップページ | こだまでせうか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/41030/39422835

この記事へのトラックバック一覧です: 革命:

« カフェ | トップページ | こだまでせうか »