« 羽田 | トップページ | フェスタ最終打ち合はせ »

2011年3月 8日 (火)

懇親會

Gajouen 本日は「すきや連」で京都へ出張するが、先週の土曜日、下の娘の學校の懇親會に參加。後援會主催のもので、卒業生を代表して挨拶を頼まれたが、人前で話すのは好きではないし、そんな面倒なことは斷はれと言つてゐたものの、3日前になつて他に居ないのでどうしてもと云ふことになり、致し方なく引き受けた。併し、このところ行事も立て込み、原稿を考へたのは當日午後3時。それから覺へようとするが一向に頭に入らない。

 どうせ會の間は食べられないだらうからと、早めに會場の目黒雅叙園へ行き、午後の紅茶。すっかり寛いでかみさんと取り留めのない話をしてゐる間に時間となり、受附を濟ませると、知人等と歡談。もしもの降板を考へ人には言ふなとかみさんに窘められた爲、挨拶文で頭の中は見事に一杯。誰と何を話したか全く覺へてゐないし、赤ら顔ではいけないと思ひ殆ど飲まず、最初に豚の角煮、燒そば、天麩羅、ローストビーフと單價の高さうなものだけ頂いて、頭の中で反芻する。

 新入生代表がとても立派な話をしたので、原稿やメモを見ることを止めた。まるでロボットのやうに堅い動きで階段を上がり、壇上から見ると千人近い保護者と先生方が照明で霞んで見える。院長と最後まで平身低頭頼んで來た先生の視線だけが目に入る。聲は震えてゐないが、息がきちんと吸えてゐないので腹に力が入らない。結局、用意した原稿の半分程度しか思ひ出せず、何とか辻褄だけを合はせて降壇した。冷や汗どっぷり。同級生からは「立派だつた」と褒められたが、全部話せてないのでこちらの氣持ちとしては全然嬉しくない。過去、結婚式の挨拶でも、原稿通りに喋ることはできなかつたので、これが實力だと思へば致し方なし。

|

« 羽田 | トップページ | フェスタ最終打ち合はせ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/41030/39141164

この記事へのトラックバック一覧です: 懇親會:

« 羽田 | トップページ | フェスタ最終打ち合はせ »