« 給食 | トップページ | 羽田 »

2011年3月 4日 (金)

食品見本市

Foodex 幕張の「食品見本市(Foodex)」へ行き、取引先や知人のワイン醸造所を訪ね、試食や試飲を重ね、最後に獨逸國仕切場(ブース)で「シュペートブルグンダーとリースリング・セミナー」を受けた。
 ドイツワイン基金の亞細亞擔當管理人(マネージャー)とドイツワイン女王が來日し、最近のドイツワインの動向、世界市場の於ける流通などの説明と試飲があつた。獨逸はワイン輸入超過國であり、世界のリースリングの6割りが生産されてゐて、昔乍らの品種が減って、シャルドネやグラウブルグンダー(ピノ・グリ)、ヴァイスブルグンダー(ピノ・ブラン)の生産が増えてゐるとのこと。昔とは全然違ふので、現地の生の聲を聞けてよかった。
 試飲には懐かしいクレメンス・ラングのシュペートブルグンダーや辛口から極甘口までのリースリングの豐かさを實感した。
 女王にドイツワイン・ケナークラブの會報を差し上げたところ、大悦び。彼女が受賞した模樣が記事になつてゐたからだ。折角お會ひしたのに、この綺麗なお嬢さんと一緒に冩眞を撮らなかつたのは不覺であつた。

|

« 給食 | トップページ | 羽田 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/41030/39094558

この記事へのトラックバック一覧です: 食品見本市:

« 給食 | トップページ | 羽田 »