« 岡本太郎 | トップページ | 一硬貨晝食 »

2011年4月26日 (火)

花一重

Biwa 薩摩琵琶奏者、友吉鶴心さん門下生研修の會「花一重」が、表参道の銕仙會能樂研修所舞臺であつた。

 本能寺 ・ 羽衣 ・ 春の宴 ・ 敦盛 ・ 壇の浦 ・ 愛宕山

習ひ始めたてのお弟子さんから順繰りに演奏。だんだん上手くなる。今年は鶴心さんの師匠、鶴田錦史生誕100年目に當たるので、先生の作曲作品ばかりのやうだ。然も、少なくとも一度は聽いた曲ばかりであつたので、一度も寝ることなく聽き通すことができた。それは自分の進歩でもある。つひ、一本調子の方だと氣附くと寝てゐる體たらくであつたが、曲を樂しむ餘裕すらあつた。ゆったりとした調子にも慣れたのだらう。

 お弟子さんそれぞれ、各段の進歩を遂げて前回氣になつた箇所が皆さん改善されてゐることに驚かされた。聲の調子、高音、奏法、段々と上手になつてゐる。鶴心さんが上手なのは當り前でも、最後に聽かせてくれた《愛宕山》は、家光の命を受け、曲垣平九郎が愛宕神社の階段を馬で驅け上がる講談を題材した作品だが、馬の蹄の音、躊躇する樣子、櫻變奏など手に取るやうにわかり、語りと演奏共々沁み入るやうに樂しめた。

|

« 岡本太郎 | トップページ | 一硬貨晝食 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/41030/39742245

この記事へのトラックバック一覧です: 花一重:

« 岡本太郎 | トップページ | 一硬貨晝食 »