« 無惨 | トップページ | ドビュッシー »

2011年6月28日 (火)

復活《蓄音機の會》

Hibiya 先日、蓄音機HMV194を手に入れ、カフェに置くので是非お會ひしたいと突然電子便(メール)を頂いた。然も、ツェッペリンの飛行船が來航した1929(昭和4)年10月に竣工した日比谷公會堂内のアーカイブスカフェだと云ふ。

 このカフェの目玉として据え置き、定期的に演奏會を開いて欲しいと云ふ依頼であつた。電氣なしの撥条(ゼンマイ)でも素晴らし音がすることを世の中に知らしめて欲しいと云ふ壮大な企劃なのだ。ネット検索して私まで辿り着いたらしいのが凄い。然も、前面的にお任せするので好きにやつてよいと云ふ。勿論、斷はる理由はない。自分の蒐集品と針を持ち込み、來月23日に第一回、それから隔月で開くつもりである。日比谷公會堂縁の演奏家を取り上げたいが、自分の好みで選んだ78回轉盤があるかどうか。それにしても、レコードが割れたばかりで意氣消沈してゐたのも束の間、嬉しい知らせ。

 


|

« 無惨 | トップページ | ドビュッシー »

コメント

素晴らしい!
またあの味わい深い音色を定期的に鑑賞できるなんて、本当にありがたいです。
是非お伺いします。

投稿: tiberius felix | 2011年7月 2日 (土) 18時33分

tiberius felixさん、お久し振りです。初回は7月23日(土)14時から、1,000圓(珈琲附)でフルトヴェングラーの《運命》(1937)等です。是非、お出かけください。

私の愛機より、やや堅い音ですが、天井が非常に高いのでよく鳴り渡ります♪

投稿: gramophon | 2011年7月 3日 (日) 12時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/41030/40485052

この記事へのトラックバック一覧です: 復活《蓄音機の會》:

« 無惨 | トップページ | ドビュッシー »