« ケント・ナガノ | トップページ | 鮎尽くし »

2011年6月 7日 (火)

鵜飼ひ

Ukai また、旅行の話に戻るが、關市を流れる長良川上流の小瀬の鵜飼ひの歴史は古いらしい。小學生の頃は此処でよく泳いだ。向かう岸は岩場で流れが急なので、素人が渡ると戻つて來られない。嘗て、野球の田淵選手でさへも歩いて橋を渡つて戻つたと云ふくらい。
 18時過ぎに舟に乘り込み、持ち込んだスパークリングワインで乾杯し、靜かに日暮れを待つ。途中、鵜匠の足立さんが解説に來る。装束の話から、茨城で捕獲した海鵜を飼ひ慣らして漁に使ふ。小魚はそのまま喉を通るやうにし、光と音に驚いた鮎が上流へ逃げるところを、鵜が潜って捕まへる。鮎だけでなく、鮒も捕るらしいが、鯰はヒゲが邪魔をし、鰻は難儀するので鰻なんだとか。前回は岩佐さんであつた。

 さうして、19時半過ぎ、山陰で手相が見えなくなる頃に鵜飼ひの始まり。砂地には鮎が居ない爲、岩場へ來る頃に幾つか跳ねる。鵜がしっかりと掴むところも見えるが、暗くて冩眞にならない。奈良時代から續くと云ふ漁法で捕まへると、友釣りと違つて傷が附かず高く賣れるらしい。年に決まった回數、天皇家へ献上するので、今も宮内廳職員。

|

« ケント・ナガノ | トップページ | 鮎尽くし »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ケント・ナガノ | トップページ | 鮎尽くし »