« 鰻 | トップページ | 刀鍛冶 »

2011年6月 2日 (木)

關土産

Sigure 岐阜縣關市は嘗ては日本の中心とされ、その東を「關東」、西を「關西」と云つたのだ。刃物産業と鵜飼ひくらいしか何もないが、子供の頃から親しんだ味はひは決して忘れられない。

 仕出し屋「魚國」の「筏鮠(イカダバエ)」。關東で云ふ「山女魚」の稚魚の佃煮。これが美味い。ベタっとしないカリッとした外身で醤油の甘辛さも丁度いい鹽梅。御飯を食べ過ぎてしまふ。
 そして、「大黒屋」の「伊深志ぐれ」。お麩を時雨煮にしたもの。御飯のお伴に、お茶漬けにいいのだ。食べた感じは肉のやうであり、精進料理としてお寺でも重寶してゐるやうだ。

 そして、關の「孫六煎餅」。小麦粉に玉子と砂糖だけのパリッとした煎餅だが刀の鍔の形が有名。でも、今回はうちの職場のお姐さんたちに「孫六鮎」を購入。これでも從業員に氣を遣つてゐるのだ。

 大勢で押しかけるので、「何処からおいでですか」と問はれると、東京、大阪、茨城、平塚とバラバラ。そして、私の顔を見るなり「なんや、炭竈(スミカマ)さんか~」と母の在所の姓がバレてしまふ。母の所爲で赤味噌でないとどうも味噌汁は好きではないが、子供たちは普通の信州味噌がいいと云ふので、我が家はいつも揉める。

 

|

« 鰻 | トップページ | 刀鍛冶 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/41030/40110900

この記事へのトラックバック一覧です: 關土産:

« 鰻 | トップページ | 刀鍛冶 »