« 官能小説 | トップページ | 夏休み »

2011年8月 5日 (金)

無印

Muji 骨董通りに無印良品のカフェが開店したので行つてみた。無駄な装飾がなく、木目や生成の布を活かした内装は如何にも無印らしい。手前ではパンが賣られ、そこで食べるもよし、持ち歸へりもよい。

 奥では、調理濟みの洋風惣菜(デリカテッセン)の内、温かい惣菜1品、冷たい惣菜を2品にパンかご飯の定食にし、新西蘭(ニュージーランド)のソーヴィニヨン・ブランを硝子杯でお願ひした。自然派の食材に拘つてゐつだけあつて、美味。餘計な味がしないので安心して食べられた。

 散歩ついでとは云へ、合宿準備に追はれた子供たちも犬も置いて來て、久し振りに夫婦水入らずの晝食の筈が、腹の減つてゐたかみさんは、それにカレーを掛けて貰ひ、あっと云ふ間に平らげてしまつたが、箸でもそもそ一口食べては飲んでゐた自分はのんぶりできた。また來よう。

|

« 官能小説 | トップページ | 夏休み »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/41030/41053123

この記事へのトラックバック一覧です: 無印:

« 官能小説 | トップページ | 夏休み »