« リヨン驛 | トップページ | ボビンレース »

2011年9月20日 (火)

レバノン料理

LibanaiseLibanaise1 巴里で流行つてゐるレバノン料理屋「ヌーラ」。亞剌比亞料理なのだらうけど、我々日本人には全く馴染みのないものばかり。シテ嶋が見渡せる左岸に在る亞剌比亞研究所の屋上階故見晴らしもよく、黒服の上品なおじさんのサービスも美しい。流れる亞剌比亞音樂が異國情緒たっぷり。但し、兎に角量が多い。晝食でも豫約していい席を押さへ、折角なので傳統的な定食48ユーロを注文したが、前菜だけでお腹一杯に。一尺はある大皿に冷製、温製の料理が盛られてゐるが、酸っぱい葉物に穀物のおかゆ、それに揚げ物。どれも美味だが、量が多い。食べても食べても減らない。

Libanaise2Libanaise3 主菜のケバプは我々のイメージするものとは違ひ、穀物の生地に挽肉が挟まつたものにヨーグルトソースを掛けて食べる。そして、もう一品の本日の皿は野菜のシチュー。孰れかの選擇だが、遂ひに殘してしまつた。

Libanaise4 デパート内の店ではこの揚げ物とかが珈琲と供出されてゐるやうだからそちらにすればよかつたか。これもよい經驗。

※NouraのHPはハッキングされてをり、到達できない。

|

« リヨン驛 | トップページ | ボビンレース »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/41030/41685915

この記事へのトラックバック一覧です: レバノン料理:

« リヨン驛 | トップページ | ボビンレース »