« 獨逸式朝食 | トップページ | 獨逸料理 »

2011年10月18日 (火)

大司教

16cSekt トリアー市内には古代羅馬からのワイン藏を所有する慈善協會醸造所の他に大司教醸造所が在る。トリアー聖公會神學学校、トリアー大教會、トリアー聖公會宿泊所に寄進された葡萄畑120ヘクタールと醸造所が戰後になり、トリアー大司教の下、カトリック教會同士の聯合體となり、地下藏は古代羅馬の時代から續き、1593(文禄元)年と刻まれた礎石も有る。秀吉が朝鮮に出兵した年だから、凄い。由緒ある建築物と傅統的な醸造所なのだ。近年、フリードリッヒ文化高等學校の葡萄畑の販賣も委託され、一緒に販賣もしてゐる。

 此処では有名なシャルツホーフベルクの畑から造られたゼクト(發泡酒)も有る。ゼクトにするのは勿體ないと思ふが、このゼクトで乾杯することも素晴らしいのですと説明を受け納得。元々大司教が100%所有する畑であつたが、ナポレオンの占領後に分割され、親日家で知られるエゴン・ミュラー家醸造所が有名になり過ぎたきらいはあるものの、こちらのワインも素晴らしい。

|

« 獨逸式朝食 | トップページ | 獨逸料理 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/41030/42532658

この記事へのトラックバック一覧です: 大司教:

« 獨逸式朝食 | トップページ | 獨逸料理 »