« 出版記念 | トップページ | 白瀧 »

2011年11月30日 (水)

下仁田葱

20111124143100012011112414320000 全國のすき燒屋とすき燒大好きな人のための「すきや連」で食材産地見學會で群馬を訪ねた。輕井澤の手前、山を越したこちら側が下仁田。街の回りの畑は粘土質で硬いが、丘の上は柔らかく栽培し易い。下仁田ファームさんの畑を歩く。下仁田葱は真ん中の芯の部分が柔らかく甘くて旨いが、畑を見るのは初めて。芽の段階で冬を越し、丁度13箇月目となり、これから霜が降りて葉が少し枯れた12月に出荷すると云ふ。枯れた榮養素は皆茎の部分へ下がるので、立てて保存すればよいとのこと。既にLLサイズとなつてゐる。

 生で囓(カジ)ると最初甘味がじんわり口に廣がるが、後から辛味がぐっと來る。


|

« 出版記念 | トップページ | 白瀧 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/41030/43125238

この記事へのトラックバック一覧です: 下仁田葱:

« 出版記念 | トップページ | 白瀧 »