« 忘年會 | トップページ | 基督降誕祭市場 »

2011年12月20日 (火)

ゲリラ・ライブ

 學藝員の忘年會後、例年なら銀座の畫廊巡りをすることろだが、美術評論家の仲間が欠席であつった爲、日比谷公會堂のアーカイブ・カフェへ行き、ゲリラ・ライブを敢行した。勿論、事前に許可は頂いてをり、自分のサウンドボックスと78回轉盤に針も持ち込んだのだ。然も、各自飲物を買つて頂いたので、賣上にも少し協力できた。

 蓄音機の説明から始め、フルニエ(Vc)の《ヘ長のメロディ》 HMV DA1868B を竹針で掛け、ベーム指揮、ザクセン國立歌劇場管絃樂團の《フィガロの結婚》序曲 Electrola DB4692、シャンソン《りらの花咲く頃》、渡邉 はま子・霧島昇の歌聲による《蘇州夜曲》 日本コロムビア100063、そしてジーリ(T)の〈誰も寝てはならぬ〉 HMV DB3225 を奏でた。臨場感溢れる音に身を委ね、ゆったりして頂けた。丁度居合はせたお客さんも靜かに耳を傾けてくださり助かった。後から來たお客さんがズルズルと饂飩をすする音が響いたが、これは致し方なし。

|

« 忘年會 | トップページ | 基督降誕祭市場 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/41030/43390170

この記事へのトラックバック一覧です: ゲリラ・ライブ:

« 忘年會 | トップページ | 基督降誕祭市場 »