« 新たなる融合 | トップページ | すき燒とドイツワイン »

2011年12月 7日 (水)

獨墺枢軸

Odajima 葡萄酒記者(ワインジャーナリスト)の岩城ゆかりさんの一時歸國に合はせて、囲む會が六本木の割烹 小田島であつた。古くから和食とワインの店で知られてゐる小田島へ行きたいと願つてゐたところ、よい機會となつた。画像は締めの稲庭饂飩。

 獨逸、墺地利のワインを持ち寄り、自分はトロイチの2002年のヴァーサーブルグンダーを持參。墺地利を中心に活躍されてゐる岩城さんの移住の切掛や現地の話も面白い。現状では獨逸は甘口、墺地利はワイン造つてるんだと云ふ程度の認識に皆憤慨。これからどうやって廣めるか色々考へたが、獨逸と墺地利で一緒に啓蒙活動ができればいいと云ふことで一致した。
 併し、相當量飲んでしまひ酩酊。翌日は午後まで二日酔ひとなつてしまつた。猛反省。


|

« 新たなる融合 | トップページ | すき燒とドイツワイン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/41030/43236624

この記事へのトラックバック一覧です: 獨墺枢軸:

« 新たなる融合 | トップページ | すき燒とドイツワイン »