« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月31日 (火)

ドボコン

 先週末の日比谷公會堂アーカイブ・カフェに於ける「新蓄音機の會」は何とか、13名お集まり頂き、無事修了。直前になつて、鞄を變へた爲、詳細なメモ用紙を忘れてしまひ、年號であつたり、初演者の名前を忘れてしまつたが、意外と覺へてゐるもので、それらしい解説はできた。

 久し振りにカザルス、セル指揮、チェコ・フィルのドボルジャークのチェロ協奏曲を蓄音機で聽いたが、すぐ横に控えてゐて、椅子に座るのと、立つてゐるのでも音場が違ひ、高い天井の跳ね返る音は立つて聽いてゐた方が録音の含まれたホールの殘響まで手に取るやうに感じることができた。いい演奏である。

 前半に掛けたハイドンの三重奏曲は10吋の78回轉盤2枚4面と短い曲乍ら、出しゃばらず、伴奏に徹してるカザルスの良さが出て、その上でティボーの提琴とコルトーの洋琴が見事に踊る感じが愛らしかった。

 今回は江戸川アーカイブスさんがステレオでデジタル録音してくれた。オペラシティのS席並の臨場感があると、機材の針の振れからも判斷できたとのこと。癖のあるカザルスのチェロの音が心地よく、染み入るやうに響き渡る、素敵な午後となつた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月30日 (月)

繊研新聞

 繊研新聞主催の國内最大、亞細亞でも香港、上海の次ぐ大規模なJFWインターナショナル・ファッション・フェアが東京ビッグサイトであつた。來春を見越した見本市であり、大小樣々な店が出店し、料飲関係とはまるで雰圍氣が違ひ樂しい。

 自分とは直接関係ないのだが、ドイツワインを振る舞ひ宣傳してくれた。勿論、商社がワインを提供してくれたからであつたが、日本ドイツワイン協会連合會が間に入り、實を結んだもの。この寒さ故、折角なので二重回し(マント)を着て行ったら、彼方此方で素敵ですねと聲を掛けられた(笑)。さすが專門家たち、お眼が高い。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年1月27日 (金)

ボヘミアン

 新國でプッチーニの歌劇《ボエーム》を觀る。粟國淳の演出は再演の爲、合唱の動きや場面轉換はより滑らかとなつたが、コンスタンティン・トリンクス指揮、東響は歌ひ手主體の伸びやかな演奏ではなく、今ひとつ訴へて來ない。

 ロドルフォ役のジミン・パクの伊太利語は東洋人の癖なのか、妙に母音が強調された上に演技過剰なので、不自然に見えてしまふ。ミミ役のヴェロニカ・カンジェミはか細く頼りなげな肺病人の感じがよく出てゐる割に、きっちり通る聲で歌ふのが素敵。マルxチェッロ役のアリス・アルギリスは大柄でロドルフォと好對照な感じがよく、ムゼッタ役のアレクサンドラ・ルブチャンスキイも派手な雰圍氣が盛り上げてゐた。但し、全體のアンサムブルは何か物足りなく感じ、感情移入ができず最期の泣けない。
 
 アパルトマンの最上階、天井裏で貧しい乍らも元氣に共同生活をする若者たち、ボヘミアン(ボエーム)の生活感が出て來ないのがとても殘念であつた。初演の時の一體感がなくなつてゐるのに、ブラボーが鳴り響いたのには違和感を感じた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月26日 (木)

和食とドイツワイン

201201241050000020120124105000012012012410500002 自分が企劃することが多い中、お手傳ひもせずに座つてるだけの會食は樂しい。先日、東京ドイツワイン協會の新年會に出席した。

 新宿のやまと「樂」で和食とドイツワインを樂しんだ。泡から辛口白、甘口まで7種。黒葡萄の果汁だけで造る白ワインやピノ・グリ等毛色の變はつたワインが意外と料理に合ふ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月25日 (水)

賀詞交換會

 2012012410390000 レス協と関東支部合同の賀詞交換會が八芳園であつた。毎年2,000組の結婚式を擧げる都内随一の宴會場だが、今回も随分と骨折り頂き、絢爛豪華な食事が並んだ。梶木鮪、伊勢海老、鯛のお造りの舟盛りは特に眼を引いた。食通でもあるレストランオーナーを唸らせるだけあつた。特に觀光業界では随一の出席者數だと云ふ。凡そ150人の内、1/3は招待者。それだけホテルの宴會の質が惡いからか、皆我々の方へ大擧して訪れるので、嬉しい悲鳴。
 驚き、感動のあるおもてなしの心が素晴らしい。見習はないといけない。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月24日 (火)

日本テレビ「皇室日記」の取材を受けました。1月29日(日)読​売テレビ5:35~で「明治天皇と日本の夜明け」特集に、すき焼​映像が出ます。但し、店名とか出ませんので、よ~くご覧ください​ね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月23日 (月)

セラミック

 昨夜、齒磨きの後、齒間絲フロストを通してゐて、グイッと引ッ張ッたら、以前直したセラミック齒が二つの割れてしまつた。今朝は急遽、齒醫者へ行き應急処置。丈夫だと聞いてゐたのに參った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月20日 (金)

ポルチーニ

2012011710540000 原宿にウェンディーズが再上陸した。然も、高級化路線で!此処のチリビーンズや四角い肉パテのハンバーガーなど、子供が小さい頃は時折食べに行ったが、段々と味も粗末で、薄汚い店となりがっかりであつただけに期待も大きい。フランクフル中央驛構内にも在り、早朝の場合は此処で買つて、よく列車で食べたことも懐かしい。

 さて、地下に椅子席があるが、注文の際には空いてゐるかどうかも判らず、先に席を取るべきであつたとまごついた。早飯(ファストフード)で、1,280圓フォアグラ・ロッシーニはさすがに高いので遠慮したが、トリュフ&ポルチーニ・グリルチキン(920圓)に挑戰。たっぷりと入つたソースが髭の間に入り、ベタベタとなつてしまひ、かぶりつくのは敢へなく斷念し、プラスチックのナイフ&フォークで頂くことに。鶏胸肉はごく普通で、黒胡椒かと思ふ粒がトリュフの破片なのであらうか、ポルチーニも薄切りも數枚發見。

 山鳥茸は佛蘭西ではセップ、伊太利ではポルチーニと云つて、松茸のやうに天然ものしかなく、珍重されてゐる。 
乾燥させればいい出汁が取れるし、風味もいいので、トリュフほど高くはないものの、茸の王子と云つたところ。そのポルチーニがちょこっと入つてゐるだけでも、狂喜亂舞しさうだが、毎度食べたくなる程の味でもなく、早飯でたまには贅澤としてもいいかな程度。

 家族4人別々に違ふものを頼み、隈無く味見もできた。チリビーンズは挽肉ばかりで、昔と比べて赤隠元豆が少なくて殘念ではあつた。今後の展開に期待。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月19日 (木)

櫻鍋

Resizenakae かう寒いと鍋となるのは必然。たまには櫻鍋を食べやうと、久し振りに吉原の中江を訪ねる。

 樽酒をお伴に、馬刺しから、タルタルステーキをまづ食べて、愈鍋である。ロースとバラを注文したが、バラの脂が滅法美味い。普段、脂ぽいものは敬遠してゐるにも拘はらず、これだけはぺろりと食べてしまふ。コラーゲンたっぷり、明日の朝はお肌も綺麗になつてゐるだらう。燒豆腐、白瀧、お麩、牛蒡の笹掻き、占地茸、江戸菜も頼み、幾度もお代はりして、後載せご飯で締め。飽食だと知つてはゐるものの、たらふく食べることがどれだけ氣持ちを落ち着かせることか。

 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月18日 (水)

ペトルーシュカ

 管絃樂によるストラヴィンスキイは幾度か聽いたこともあるが、それがバレヱの實演となると稀だ。《ペトルーシュカ》は1988年の2月に確か、瑞西のチューリヒで觀た記憶がある。初めて眼にする《ペトルーシュカ》の、目映いばかりの動きの多い、素晴らしい舞臺であつた。

 今回は「ニジンスキイ・ガラ」のマラーホフの主人公ペトルーシュカはほんたうに生き人形そのものので、悲哀に滿ちた素晴らしいものであつた。廣場で人形遣ひの笛により息を吹き込まれた、道化のペトルーシュカ、踊り子、ムーア人は人前で踊るが、踊り子に片思ひをしたペトルーシュカが迫るがムーア人に追ひ払はれ、つひには殺されてしまふ。廣場の人々はほんたうに人殺しが起きたかと大騒ぎをするが、呼ばれた人形遣ひが手にするのは藁の詰まった人形であり、人形遣ひが歸へる途中、天幕の上では抜け出たペトルーシュカの魂が名殘惜しさうに訴へ掛け、恐れをなした人形遣ひが逃げるところで終はる一幕四場。

 冒頭から腕を棒で押さへ、吊り下げられた人形のやうに高度な技術で足を動かし、また、時折だらんと手を垂らして人形を表現。曲想が變はる度に、そのまま演技となつてゐるので、あの複雑な総譜が非常に親しみ易く感じる。嗚呼、かう云ふ場面を言ひたかつたのかと、一一納得した。

 1911年にバレヱ・リュス(露西亞バレヱ團)により、巴里のシャトレ座で初演された時は大いに沸いたことだらう。今回もマラーホフの踊りは抜きに出てをり、人形と云ふ囚はれのペトルーシュカの哀しみを表現してゐた。フォーキンの振附、ブノワの装置と衣装は現代の我々には古めかしくも感じるが、そこはオリヂナルの良さがあり、露西亞らしさが全面に出てものであつた。かう云ふ舞臺に出會へる機會はなかなかあるものぢゃない。東京シティフィルの演奏はまずまずで、踊り子に合はせた爲、變化に乏しいものの、オブジャニコフの指揮によく附いて行き、生演奏の良さが出てゐた。

 家族4人ともなると、直前の割引切符であつた爲、前から3列上手側に3席、28列21席の後方中央に1席と分かれたが、迫力のある前だと前列の頭が邪魔なのと、舞臺と目線が等しく奥行きが解らず、後方だと全體に見渡せ、然も音の釣り合ひもよかつた。この邊りは好みであらうか。

觀終はつても、不規則な變拍子の旋律が頭を渦巻き、暫くはストラヴィンスキイの魔法に掛かつたまま、マラーホフの殘像を樂しんだ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月17日 (火)

ニジンスキイ

 2012011611480000 ディアギレフ率いる露西亞バレヱ團の傳説的舞臺《牧神の午後への前奏曲》、ニジンスキイがその跳躍を認められた《薔薇の精》、ショパンの洋琴曲を散りばめ、惱める詩人を演じた《レ・シルフィード》、そしてストラヴィンスキイの《ペトルーシュカ》を揃へた東京バレヱ團の「ニジンスキイ・ガラ」を觀に上野文化會館へ。當代随一プリンシパル、マラーホフが放射能を物ともせず、わざわざ伯林から來てくれるのである、行かねばなるまい。

 ハーバート・ロス監督の英國映畫「ニジンスキー」(1980)が衝撃的で、以來露西亞バレヱ團の本は随分讀んだ。この映畫が制作された頃はまだ《春の祭典》初演時の演出が復元されてゐなかつたが、19世紀のバレリーナの時代から、革命的な曲と演出により男性バレエの20世紀に移る、第一次大戰前の「佳き時代(ベル・エポック)」がよく描かれてゐた。
 因みに、ヤン・クーネン監督の佛蘭西映畫《シャネルとストラヴィンスキー》(2009)では、《春の祭典》が復元され、冒頭に見ることができる。

 さて、そんなニジンスキイに因んだ今回の舞臺は珠玉の出來であつた。ウェーバーの《舞踏への勸誘》にフォーキンが振り附けした《薔薇の精》は、夢見る乙女の元に窓から薔薇の精が飛び込んで來る。そのディヌ・タマズラカル演じる薔薇の精の出だしの跳躍が美しい。バレヱ曲は幾度も聽いてゐるのに舞臺に慣れてゐない自分はどうしても、男性の股間のもっこりが氣になるものだが、次第に人間業とは思へない動きに魅了されてしまふ。

 そして、やや太ったマラーホフの牧神は、二次元的繪畫の世界を樣式美として、跳躍を捨て、まるで希臘の壺繪のやうに展開する。その爲、肩は正面を向いても、顔と手足はいつも横なのだ。レオン・バクストの初演當時の衣装も1912年の巴里、シャトレ座を思ひ浮かべるのに十分。素敵な雰圍氣を醸し出し、ニンフ(妖精)の殘した青いスカーフで露骨に手淫したと云はれる初演時の混亂が目に浮かぶ。マラーホフの牧神、水野水香のニンフの今回はそんな過激な場面はなく、自ら慰める程度。ディアギレフは露西亞で浮世繪も廣めた人であるから、繪畫の舞臺化をニジンスキイに依頼したのかも知れない。それ故、わざわざ掌も内側か外側を開いた形でしか見せない。この劃期的な舞臺を觀た長女は「これもありだな」と答へたが、次女は「詰まらない」の一言。勿論、彼女等は歴史的經緯も知らず、單にバレヱを踊つた經驗から、もっと跳躍や集團での舞踏を期待したのだらう。

 レ・シルフィードは同じくフォーキンの振附けで1907年にマリンスキイ劇場で初演され、ニジンスキイは「部品ではなく、詩人と云ふ役柄で參加した」と傳へられてゐる通り、月明かりの森の中、白いチュチュの精霊たちが踊る中に、夢想した詩人が戯れるもの。生真面目に踊る木村和夫の踊りは單調。今回の上演では一番古典的な作品であり、次女は樂しんだやうだ。

 《ペトルーシュカ》に就いては明日述べよう。

 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月16日 (月)

日本のガウディ

 2012011312510000 画家であり若手作家の制作全般を統括する小原聖史さんのドラードギャラリーの在る建物「ドラード和世陀」は和製ガウディかと思ふ程、装飾多寡の素敵な建物。

 早稲田の並木通りに面して、1階には小原さんの「ドラードギャラリー」、骨董屋「バロック」、骨董時計「オールドタイムス」の他、散髪屋が入り、上部6階まで分譲住宅だと云ふ。これだけ装飾に溢れてゐると、さぞかし震災の折は揺れたのかと思ひきや、入念に耐震設計してありびくともしなかったらしい。
 設計は 梵寿綱。早稲田出身の建築家が、工藝職人に聲を掛け合ひ、「梵寿綱とその仲間たち」を結成して、1974年に建てたと云ふ。兎に角、一見に値する。家の守り神となる目デューサが入り口の足下タイルにあつたり、和風なタイルが壁に羽目込まれてゐたり、東洋(オリエント)風、亞剌比亞風、西班牙風、樣々な様式が混在してゐて過剰なのが實に面白い。豐穣の角(コルヌコピア)を引っ繰り返して、くっ附けてしまつたやうだ。

 松葉一清(建築評論家)の言葉「過剰なるものこそ豐穣」と云ふ意味がよく解る。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月13日 (金)

畫家

 昨年から顔本(Face Book)を始めてから、知り合ひが矢鱈と増えた。そんな中、小原聖史さんの個展へ行つた。ご自身が畫廊經營もされてゐる。
 畫面で見る​のと違ひ、本物ならではの色の輝きが素晴らしい。油彩は詳しく​ないが、人物の背景の色鮮やかなこと、唐草や幾何学模樣もまた、和風であり、アール・デコ風であり​素敵。女性はモディリアニやピカソの影響か。

 そして、併設されているアンティークショップも見せて頂い​た。落ち着いた雰囲気がいいので、つひ懐中時計を買つてしまひさうになつた。こちらに掲げられてゐた抽象畫の方がとても氣に入つた。油繪も面白いものだ。作家が居るとズバズバ質問できるのも樂しい。お隣には日本畫家の寶居智子さん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月12日 (木)

競演者としてのカザルス

 年末に開催できなかつた新蓄音機の會は來たる1月28日(土)14時より、日比谷公會堂1階のアーカイブカフェにて開きます。入場料1,000圓、珈琲附。
 今回は「競演者としてのカザルス」と題して、ハイドン:ピアノ三重奏曲 第1番ト長調 コルトー(Pf.)、ティボー(Vln.)、カザルス(Vc.)Electrola DA895/96 (1926年録音)、 ドヴォルザーク:チェロ協奏曲ロ短調 カザルス(Vc.)、セル(指揮)、チェコフィル HMV DB8420/24 (1937)をお掛けします。

 藤森の解説ですので、たいしたことありませんが、是非お出掛けください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月11日 (水)

犬連れ

2012011017190000 休みの日に出掛けるのに犬連れだと煩はしい面もある。ガイド本などを見乍ら連れて行けるところを探すしかない。一寸、晝食が頂けて、序でに犬走りで犬の發散できる所となると、なかなか嚴しい。

 豐洲のららぽーとは車でだいぶ掛かるが氣樂なのがいい。特に隣接したカフェ・ハウスだとテラスもビニールで囲ひ暖房も附いてゐるので有り難い。ダイワハウスの經營故、面白いと以前にも書いた氣がするが、今回はカツカレーを注文。餘り氣張らず、大きなトンカツとどろどろに解けた野菜のカレーソースと云ふ、特にどうと云ふこともないのがいい。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月10日 (火)

総合五位

 正月2日、3日に行はれた第88回箱根驛傳では、母校の陸上競技部が、チーム史上最高の総合5位を獲得した。

 その中でも昨年も華を咲かせた出岐雄大選手(3年)はエースが集ふ「花の2區」で、1時間07分26秒を記録し、青山學院大學史上初の「區間賞」を獲得。2009年に33年ぶりに出場して以來、オーケストラ部OBの《樂友會》校友會を通じて寄附をした爲、俄然私事として應援するやうになつた。それまでは全くの他人事で、たまたま正月に湘南に行く用事があつた時に、道路の混雑具合に辟易してゐたら反對車線を走者が走り抜けて行くのが見えて、嗚呼驛傳であつたと納得するやうな始末であつた。
 今年はこれで3年連續優先出走権利(シード権)を獲得し、通算17回目の出走となつた。なんと目出度い。應援に熱を入れ過ぎた爲か、風邪をこじらせてしまつたのは大失敗。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 6日 (金)

初詣

 元旦には家族でお節を食べてから、必ず初詣に行くが、今年は年男と云ふこともあり昇殿參拝をした。近所の八幡樣は昨年、御鎮座920年、金王丸生誕870年、社殿造營400年と云ふ節目を迎へてゐた。

 名前の由來となる澁谷金王丸常光(シブヤコンノウマルツネミツ)は源義朝の下、保元の亂(1156年)で功を立て、義朝の死後剃髪し、壇ノ浦の後、謀反の嫌疑を掛けられた義經を討つやうに頼朝に命令されるものの、1185(文治元)年、百騎ばかりを率いて京都に上り夜襲した。併し、始めから義經を討つつもりはなく、捕らへられ勇將らしく立派な最期を遂げたと云はれる。それ故、物語や戯曲に顔を出す位、昔は有名人であつた。

 また、社殿は德川家光が三代將軍に決まつたお禮に乳母の春日局と教育役の青山伯耆守忠俊が奉納したと云はれる、江戸時代初期の建築樣式。昨年の大河ドラマ「江 ~姫たちの戰國~」の中でも、長男竹千代と次男國松それぞれを擁立させやうとする江と福(春日局)の確執はよく描かれてゐた。今年の大河ドラマ「平清盛」は鶴心さんが當時の藝能(今樣、雅樂、舞樂、琵琶、和歌、相撲、折形等)の考案、指導、制作(プロデュース)として関はり、効果音も擔當してゐるので、是非欠かさず見ようと思ふ。

 さて、八幡樣の話に戻る。中は薄暗く疊敷きで、朱塗の壁に縁起ものが描かれ、格式を感じさせるが、床暖房がある譯でなく、當然の如く明け放たれてゐる爲、足先から寒さがジンジンと傳はつて來る。社殿に接續する館は昨年改築された爲、よく暖房も効き、渡り廊下に御手洗もあり、子供の七五三の頃から比べて數段よくなつた。おみくじは引かなかつたが、どなた樣にもよい年となりますやうに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 5日 (木)

氣持ち新たに

Ryu1 平成24(2012)年、本日より營業です。今年、48歳の年男なので、飛翔の年としたいところです。

 今年はドイツワインケナークラブのワイナリーツアー、母校の學生オーケストラの演奏旅行と今年は2回も獨逸へ行きます。レストラン協會は社團法人から一般法人に移行する爲、監事としても仕事が多く、本業以外も盛んとなりさうですが、すき燒 今朝あっての自分ですから、氣を引き締めて精進して參ります。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 1日 (日)

謹賀新年

Zep_neujahr 新年、明けましておめでたうございます。すき燒 今朝は5日より通常營業致します。本年もご贔屓の程、宜しくお願ひいたします。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »