« 畫家 | トップページ | ニジンスキイ »

2012年1月16日 (月)

日本のガウディ

 2012011312510000 画家であり若手作家の制作全般を統括する小原聖史さんのドラードギャラリーの在る建物「ドラード和世陀」は和製ガウディかと思ふ程、装飾多寡の素敵な建物。

 早稲田の並木通りに面して、1階には小原さんの「ドラードギャラリー」、骨董屋「バロック」、骨董時計「オールドタイムス」の他、散髪屋が入り、上部6階まで分譲住宅だと云ふ。これだけ装飾に溢れてゐると、さぞかし震災の折は揺れたのかと思ひきや、入念に耐震設計してありびくともしなかったらしい。
 設計は 梵寿綱。早稲田出身の建築家が、工藝職人に聲を掛け合ひ、「梵寿綱とその仲間たち」を結成して、1974年に建てたと云ふ。兎に角、一見に値する。家の守り神となる目デューサが入り口の足下タイルにあつたり、和風なタイルが壁に羽目込まれてゐたり、東洋(オリエント)風、亞剌比亞風、西班牙風、樣々な様式が混在してゐて過剰なのが實に面白い。豐穣の角(コルヌコピア)を引っ繰り返して、くっ附けてしまつたやうだ。

 松葉一清(建築評論家)の言葉「過剰なるものこそ豐穣」と云ふ意味がよく解る。

 

|

« 畫家 | トップページ | ニジンスキイ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/41030/43729363

この記事へのトラックバック一覧です: 日本のガウディ:

« 畫家 | トップページ | ニジンスキイ »