« 競演者としてのカザルス | トップページ | 日本のガウディ »

2012年1月13日 (金)

畫家

 昨年から顔本(Face Book)を始めてから、知り合ひが矢鱈と増えた。そんな中、小原聖史さんの個展へ行つた。ご自身が畫廊經營もされてゐる。
 畫面で見る​のと違ひ、本物ならではの色の輝きが素晴らしい。油彩は詳しく​ないが、人物の背景の色鮮やかなこと、唐草や幾何学模樣もまた、和風であり、アール・デコ風であり​素敵。女性はモディリアニやピカソの影響か。

 そして、併設されているアンティークショップも見せて頂い​た。落ち着いた雰囲気がいいので、つひ懐中時計を買つてしまひさうになつた。こちらに掲げられてゐた抽象畫の方がとても氣に入つた。油繪も面白いものだ。作家が居るとズバズバ質問できるのも樂しい。お隣には日本畫家の寶居智子さん。

|

« 競演者としてのカザルス | トップページ | 日本のガウディ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/41030/43719701

この記事へのトラックバック一覧です: 畫家:

« 競演者としてのカザルス | トップページ | 日本のガウディ »