« 鶴田錦史 | トップページ | 銀座畫廊 »

2012年2月13日 (月)

いがみの権太

 文樂二月公演の第二部は、《義經千本櫻》より〈椎の木〉〈小金吾討死の段〉〈すしやの段〉、そしてお夏、清十郎の《五十年忌歌念佛》を聽く。前半部分は歌舞伎でも觀てゐて知つてゐるのに、何故か眠くて、途中でうつらうつらと夢見心地。それが、住大夫が出て來た途端に、こちらも一音も逃さずまいと聽き耳を立てる。

 段々と聲量は減つて來てはゐるものの、その分減り張りが附き、誰なのか演じ分けがしっかりしてゐるので心に聲が染み渡る。源大夫休演に附、英大夫が代はりに語り、後は千歳大夫。この二人も大分上達した氣がする。千歳大夫の相變はらず、がなって聲が擦れる語り口は好きではないが、まだよくなつた。勘十郎のいがみの権太も横暴な荒くれ者から、忠義な息子に變はる邊りの演じ分けが素晴らしく、觀てゐて氣持ちよかつた。

|

« 鶴田錦史 | トップページ | 銀座畫廊 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/41030/44099905

この記事へのトラックバック一覧です: いがみの権太:

« 鶴田錦史 | トップページ | 銀座畫廊 »