« 宴 | トップページ | 商談展示會 »

2012年2月 3日 (金)

煎茶

 出光美術館で開かれてゐる『三代 山田常山』展を觀に行く。三代 山田常山は愛知縣の常滑で朱泥の急須造りの名手と云はれた人間國寶。三代續いた作品の數々が展示してある。

 結婚した頃にかみさんが煎茶を習つてゐて、お相伴に與(アヅカ)ることもあり、何となく煎茶獨特な茶器の使ひ道は知つてゐたが、かうして並べられると壓巻である。概して小振りなものばかりだが、中國式のマグカップのやうに注ぎ口と反對側に取手のあるもの、肩の張った急須、滑らかな肌から土そのもののやうな肌、酒器、一輪挿し、花瓶、登り窯の自然釉の大きな鉢等、多岐に亘る作品群それぞれに込められた作家の強い思ひが傳はつて來る。
 磁器に慣れた自分の目には善し惡しは全くわからないが、一揃へで如何にも高價なのはわかる。持った感じも掌に収まり使ひ易かつたことだらう。

|

« 宴 | トップページ | 商談展示會 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/41030/43945027

この記事へのトラックバック一覧です: 煎茶:

« 宴 | トップページ | 商談展示會 »