« 映畫ポスター | トップページ | 岩倉 »

2012年3月28日 (水)

町屋

Fujimoto 京都の街を歩くとふと細い路地が目に附き、ひょこっと入り混むとまた新たな發見に繋がる。學藝員仲間の懇親會に參加すべく、一年ぶりの上洛となつた。先に友人とゆったり語らうと思ひ、お願ひしてをいたのが町屋の静謐な佇まひの和食の店。三条からほど近い、なんともぴったりの店「藤本」を探して出してくれた。

 初めての店でカウンター故、冩眞も遠慮した。板前二人、仲居一人に女将さんと云ふ、舊家を改装した店で2階には座敷があるのであらう。時間より早めに着いても嫌な顔ひとつせず、淡々と料理を出してくれた。魚介のポン酢ジュレ掛けから始まり、丹波篠山の筍、お椀、俎板のやうに大きな陶板に刺身、ぐじの燒物、筍ご飯等、デザートは5種の中から選べる。出汁、包丁の冴へ、京都ならではの西海の魚等、春らしい味はひを堪能した。


|

« 映畫ポスター | トップページ | 岩倉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/41030/44638353

この記事へのトラックバック一覧です: 町屋:

« 映畫ポスター | トップページ | 岩倉 »