« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月27日 (金)

自由惑星同盟

Ginei この年になつて大好きなアニメと云ふと直ぐにオタク扱ひされるかも知れないが、「銀河英雄傳説」が舞臺となつて歸へつて來て、帝國側は一段落し、第Ⅱ章 自由惑星同盟側が描かれるやうになつた。田中芳樹の原作は〈創元SF文庫〉全10巻外傳全5巻と長く、アニメ版でも劇場公開映畫3作、本編110話、外傳52話とかなりの長編となつてゐる。

 さて、舞臺も初回から觀てゐる者にとつては、今回は珠玉の出來であつた。まづ、戰闘場面では陣形や戰闘機のアニメが前幕に映し出されたり、かなり工夫が凝らされ、觀客を飽きさせず、樂しませてくれた。然も、配役がいい。ルナ・シーの主歌であつた河村隆一のヤンは特によい。アニメ版の富山 敬の聲色に似てゐるばかりか、そっくりであり、話すテムポも仕種まで似てゐて、アニメファンを唸らせるに十分であつた。彼自身この銀英の大ファンであり、相當研究したらしい。その成果が遺憾なく發揮された譯だ。
 その上、脇役陣も似てゐるのが嬉しい。歩く教科書と呼ばれた堅物のムライを大澄賢也、卓越した事務処理能力で後に後方勤務本部長となるキャゼルヌを天宮 良、帝国から亡命した貴族の血筋の陸戦部隊「薔薇の騎士」聯隊長シェーンコップを松井 誠、太っちょの参謀パトリチェフを金澤 博、ヤンの被保護者ユリアンを桑代 貴明等、アニメの幻影そのもの。また、アニメ版では古川登志夫が飄々とした撃墜王の聲を演じたポプランを中川晃教が新しい像で描き出し、ヤンの親友ジャンを野久保直樹が好演、そして、ジャンの婚約者ジェシカを馬淵英俚可がよく雰圍氣を出してゐた。どの配役も期待以上であり、久し振りの芝居に大滿足。また、後演會話(アフタートーク)では、出演者の舞臺に掛ける意氣込みや思はぬ暴露話が大いに受けた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月26日 (木)

森田晴樹

6789ad63162a9bb07771681e7e40b5bb 柴田悦子畫廊で「森田晴樹展」を觀る。植物の岩繪の具と墨繪で、特に墨で描かれた花が月明かりに照らされるやうに、薄ぼんやりとした背景にクッキリ浮かび上がる構圖が美しい。幾度も薄墨を重ねて描いたのであらう、背景の濃淡が奧行きを與へ、そしてその前景で靜かに主張する、彩る線の美しさに打たれた。もうその場所以外に考へられないやうな、揺るぎのない線は迷ひがなく、潔くて清々しい。そして、金泥が僅かに加はり彩りを添へてゐる。これを表装したら、床の間の自然光の中できっと映えるだらう。懐が寂しくて無理なのだが、初めて、表装したいと思ふ作品に出會つた。

畫像は柴田悦子畫廊のHPより轉載「牡丹」。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月25日 (水)

傳法院

Denpouin 淺草寺横に、貫首大僧正の住まひとして使はれた傳法院の庭が今だけ公開されてゐる。この庭は 寛永年間に小堀遠州により作庭されたと云はれる「廻遊式庭園」なのだ。

 大繪馬寺寶展にも吃驚。芝居の元となつた故事を描いた大繪馬はまるで襖の板繪のやうであり、奉納者の迫力が傳はる貴重なもの。そして、傳法院の側へは初めて這入ったが、德川將軍の休憩所にも使はれたことも納得した。高床で一間の周り廊下と云ひ、しっかりした書院造りで、雰圍氣がいい。建物内には這入れないが、後ろに見える五重塔と云ひ、東京だと云ふ感じがしない。一萬平米に築山や池の配置が絶妙であり、角を曲がると別の風景が見られるのは、桂離宮にも通じる。氣分轉換になり、元氣恢復。 拝觀料は全額震災復興支援に向けられると云ふのも嬉しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月24日 (火)

平成中村座

SkytreeNakamura2 平成中村座で「法界坊」を觀た。勘三郎完全復歸と云ふ感じで、大いに笑つた。淺草驛から隅田公園まで堤傳ひに行く譯だが、これがまた櫻吹雪の中を行くので風情がある。然も、地元を舞臺とし、最後は背景を開け放ち、スカイツリーの下の方を借景にする粋な計らひで、大いに樂しませてくれた。

 破戒僧が惡行の限りを尽くし、横戀慕の末に殺され、御姫樣の幽靈と合體して祟ると云ふのがこれまた面白い。振り返る度に態度も顔もがらりと變はり、最後は恐ろしい亡靈になるが、その華麗な踊りも素晴らしい。久し振りのエンターテイメントを滿喫した。これなら子供でも理解できるだらう。

 今回は早めに手配したので、ほぼ真ん真ん中の提燈の真下。前の親父がでかくて、中央が丸切り見えないが、左右に顔を振り、花道以外にも横通路を通る俳優さんの顔をまぢまぢと觀られて面白い。江戸時代の狭い芝居小屋の雰圍氣を再現してゐるだけに、座る椅子も毎回工夫が凝らされ、座布團も厚くなつた。でも、終はる頃には腰が痛い。

Nakamuraza 法界坊では、朝廷下賜の「鯉魚」の軸が出て來るが、これが靈驗新かで亡靈に滅法効き目があるのが面白い。自分の作つた掛軸にそんな法力はないが、あったらどうしようとか、パワーを得るにはどうするとか、阿呆なことも考へた。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月23日 (月)

花蝶畫

 寶居智子さんの花蝶畫展を觀に早稲田のドラードギャラリーへ行つた。たまたま、畫廊主人の小原聖史に紹介されたのが切掛となつた方。アートソムリエの山本冬彦さんも初日にお買ひ上げになつたと云ふし、既に賣却濟みの札が並び、途切れることなく人がやって來る盛況振り。

 昨年一所懸命冩生したと云ふ櫻や蝶の繪が、女性らしい視點で丁寧に描かれてゐて素敵。小さい作品ばかりだが、細密な中に人柄が出るのであらうか、ほんわかした氣持ちになり、繪から廣がりを感じるのだ。いいなと思つたのは賣れてゐた。今まではグループ展だけであり、今回が初めての個展だと云ふので、これからが樂しみな作家だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月20日 (金)

試飲會二本立て

Muellerthurgau 先日、試飲會及びセミナーが重なり、掛け持ち二本立てで場所を移動し、孰れにも不義理をせず、顔を立てられ、しっかり味はつて來れた。
 最初にサッポロさんのワイン試飲商談會。ほぼ全輸入ワイン、國産ワインが並ぶ一同に試飲できる。中でも、國産ミュラー・トゥルガウの微發泡ワインが美味。これは豫想に反して、華やかな花の香りと云ふよりはソーヴィニヨン・ブランのやうな​若草の香りいっぱいで、仄かな甘味と微炭酸が飲み易い。上代1,200円なら立派。

Lp_seminor 續いて、三越前へ移動し、ローラン・ペリエ社は名うてのシャムパーニュ・メゾン(製造社)の最高醸造責任者のセミナー。

 他社との差別化には品質向上しかなく、ウルトラ・ブリュットは補糖零、ブリュットL.Pはメゾンの代表、名刺代はりとして誰にでも飲み易いものを心掛け、グラン・シエクルはよいヴィンテージだけを集めた、マルチ・ヴィンテージの新鮮でゐて、繊細な上力強さも兼ね備へた味はひを目差し、ロゼは赤白ワインを混ぜることなく、最初から赤くオレンジかかった色合ひの出るピノ・ノワールだけに特化し、香りのよいものを特に選んで造つてゐると云ふ。微細にわたる、確固たるシャムパーニュ・メゾンの拘りと誇りを感じた。

| | コメント (0)

2012年4月19日 (木)

阿竹骨

 3つの形の部品の組み合はせで多面立體を作り出す阿竹骨で有名な阿竹 克人さんの「太陽熱+小蒸氣飛行船の可能性に就いて」の講演がブイヤント航空懇談會であつた。

 バックミンスター・フラーの研究をしてゐる阿竹さんが考へ出したテンセグリティ構造の防災テントが震災直前に防衛省に採用されたが間に合はなかったと云ふ。このテンセグリティを利用すれば、直径1マイルともなれば、空氣よりも輕いドーム建築ができるらしい。愛知滿博では直径64米の地球の風船を作り、地軸の平行にすれば世界時計にもなると計畫されたが、結局採用されなかった話など、知らない世界なので面白い。

 また、二十構造の飛行船を造り、内側を黒くするとその中の水蒸氣だけで浮かぶので、天然瓦斯の輸送にも役立てられるのではないか。或ひは水蒸氣ごと運べば水を安く大量に運べるのではないかと、エアロゲルの利用だとか、興味が尽きない話題。但し、日没以降氣温が下がると飛行船自體も高度が下がるので、それをどうするか。西村教授から適度に茶々が入り、なかなか面白い論議であつた。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月18日 (水)

リースリングの環

Kyoubasi 先週、「リースリング・リング」があつた。世界中のリースリング種だけの試飲會、然も入場料を取るので、こちらも大きな顔をして頂ける。知人の營業人やら、輸入元を訪ね歩き、少なくとも獨逸ワインだけは全部試した。香りが高く、アルコール度數がやや低めで、ミネラルの感たっぷりとしたワインとしては、ドイツが抜きに出た特徴がある。

バードランドの和田さんのセミナーでは、リースリングは料理がますます進むワインとして売り易く、もう原価率ではなく価格で考えることが大事だと。スマホを使えばその場で上代価格が判ってしまう位、お客様も値段に敏感になったと話してくれた。すき燒今朝のお客樣はそれでもご納得いただいて、ワインを飲んで下さるので感謝。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月17日 (火)

ワイン&グルメジャパン展

Portugal 今月第一週に東京ビッグサイトで「ワイン&グルメジャパン」があつた。餘り大きな展示會であると、なかなかコレと云ふワインに出會ふ機會もない。それが、たまたま知人の紹介で獨逸人が葡萄牙へ行つてワイン造りをしてゐると云ふので紹介された。

 クインタ・ダ・プランセルの地元品種のワインが香りもよく、酸味、澁味、奥行き、餘韻なかなかのもの。但し、まだ日本には輸入されてをらず、相手を募集してゐる最中であつた。大勢に一度に相手にしたことがないのだらう、一人づつ丁寧に説明し乍ら進むので、自分の番が來るまでだいぶ待たされた。この邊りは頗る獨逸人らしいのだ。そして、一頻りドイツ語で話すと、だいぶ耳が慣れて理解するが、話すには單語が出て來なくて困る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月16日 (月)

高校

 母校とは云へ、建て替へられた新築校舎は一寸餘所餘所しくて、別の學校のやうなのが殘念。中學は昔と違つて建て増ししたとは云へ、まだまだ何処に自分が居るか理解してゐたが、丸切り新しくなると、まるでお上りさん宜しく。勝手が分からない。その上、習つた先生は皆引退してゐるので、尚更である。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月13日 (金)

屏風

Topimage アートソムリエの山本冬彦さんが顔本(facebook)で色々紹介してくれるので、休憩時間に社用でなくとも出歩くのに丁度いい季節。短い時間なので、じっくり觀て來られないが、先日「團野雅子展」を觀にGallery Gotoへ。

 掛軸の表装を習ひ初めて早丸3年。作品自體だけでなく、回りの裂だとか、仕立ても矢鱈と氣になる。自分が仕立てたら、もう少し柱を太めにするとか、すっかり目線が職人になつてしまつた。特にもやもやっとした作品から外へ廣がる感じを柱も支へてるのだと氣附く。

 それで、傳統を踏まえた墨繪の屏風かと思つたら、全く違ふ 接近の仕方(アプローチ)で辿り着いた由。油彩から色々と試行錯誤を重ねて來たら、たまたま日本畫に同じ方法があつたらしい。作家の中で縱横無尽に作風が入り亂れ、消化されて自分の個性になつて行くのだらう。實に面白い。唯一殘念であつたのは、屏風の端に皺が寄つてゐるところ。聞けば、古い金屏風の描いたさうで、其処は目を瞑つて作品全體を見てくれと云ふ。屏風はまだ仕立てたことがない爲、つひ氣になつてしまつた。

 かうして、たまたま作家ご自身が在廊中で根堀葉堀聞くことができた。と云ふか、ヒゲからして怪しまれて先方から聲を掛けられたのだが、すき燒 今朝の掛軸は殆どが物故者のものであり、直に作家と話せるのも個展の樂しみでもある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月12日 (木)

水の街ヴェネティア

 ヴェルディの歌劇《オテロ》の幕開けは嵐の中のキプロス港なのだが、新國のマリオ・マルトーネの再演はヴェニスに置き換へられてゐる。それ故、舞臺上に50トンもの水を湛へた運河を造り上げ、迷路のやうな運河にオテロ自身が迷ふ心の樣を描き出してゐる。

 東フィルを率いるレイサム=ケーニックの指揮は疾風派で、テムポよく、ぐいぐいと引ッ張り、歌わせるところはオケの音を下げる手堅いもの。ヴァルテル・フラッカーロのオテロは目が小さいので目の演技ができずに迫力の欠け、聲質もやや輕いので將軍の重みがでなかつたものの、苦惱する主人公を好演。急遽代役としてデズデナを歌つたマリア・ルイジア・ボルシも過不足なく、アンサムブルに溶け込み、ミカエル・ババジャニアンのイヤーゴも憎々しげで及第。合唱が上手いので、全體としての纏まりもよく、高得點の公演であつた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月11日 (水)

植物繪

 折角、京橋まで出向いたので同じく山本冬彦さんのお勸め、椿ギャラリーの「服部知佳展」を覗く。すると畫廊のオーナーから、新橋のすき燒屋さんのご主人ですとねと聲を掛けられる。同級生とご來店されたことがある由、アートソムリエのご縁に共通の友人と云ふ奇遇。

 こちらも若い作家さんで、 油彩で描く植物畫は適度なデフォルメと色氣のある色使ひが素敵。顔本記事では一瞬冩眞作品かと思つたが、大きな油繪で、はっきりとした色だが輪郭は微妙にぼかしてあり面白い。南方の植物ばかりかと思ひきや、編笠茸の透けた感じであったり、鮮やかな色彩が場を明るくしてくれる。これだから、若手作家の作品は既成概念に囚われずに想像力を掻き立ててくれる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月10日 (火)

薄暮

 アートソムリエの山本冬彦さんのお勸めと云ふか顔本記事を讀んで、近くだからと「安倍千尋展」を觀に、京橋のアートスペース羅針盤まで行つて來た。日没後の薄暮を描いた海と空と雲が一體化した混沌とした時間を刈り取り、近くで見るともやもやしてるのは印象派ぽいが、もっと微妙な色使ひが飽きない上に、却つて枠なしの作品から廣がりを感じる。瀬戸内の漁師の家にご厄介になり、毎日海を見てゐて描いたと云う。ど~んと襖繪も薄暮の海。溝口健二監督作品の中に引き込まれたやうな奧行きがある。

 併し、表装を習ひ出してから、つひ掛軸ばかりに目が行つて仕舞ふ。白い正絹の裂地に金襴緞子の筋枠が素敵。軸先は黒いざらついた陶器。龍安寺の石庭を思ひ浮かべたが、海だと云ふ。他の作品に比べると小さい畫面からじんわりとはみ出して行くゆるやかだが力強い氣迫が素晴らしい。作品を邪魔しないやうに、麻生地の白衣のやうな上着を着てらした作家本人は繪のやうに大人しい人であつた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 9日 (月)

総會

Soukai1Soukai2Soukai3 レス協総會及び懇親會が前日の前夜祭に續いて、仙臺の勝山館で開かれ、尾川新會長以下、役員も新任されて新しい體制に。引き續き監事を仰せつかり、末席を汚さぬよう、精進すると決心した。

それにしても、細やかな心尽くしの大宴會は頭が下がる。仙臺伊達家御用藏だけに、來賓の18代御當主の伊達さんとも名刺交換。品格のある物腰はお殿様に相應しい。世が世なら、藩主と話なんかできなかっただろうに。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 6日 (金)

総會前夜祭

Shozan1Shozan2Shozan3 レス協総會前夜祭は仙臺の銘店「勝山館」で。レス協副會長であり、勝山の理事長である御仁の肝入り故に、細部に至るまで細かい配慮が行き届き畏れ多い。館内能舞臺で仙臺觀世會の方々により謡はれる「高砂」で始まり、シャムパーニュで乾杯後、座席に着いてからが豪華絢爛な料理が次々に運ばれて來る。
 ワッフルの型押しのやうにして硝子板から制作させたと云ふ皿に9品の前菜。巴里の店で大人氣であつたと云ふ元祖フォア・グラ壽司、それに續いてフォア・グラのフラン 鱈場蟹・鱶鰭(フカヒレ)・生ハムを詰めた絹笠茸とダブルビーフコンソメのコクと美味さ。燒いたカッペリーニ ラグーソース、ソフトシェルクラブのフリット、梅のグラニテ、仙臺牛のハーブパート包み燒き マルサラ風味、クレーム・ダンジュ、デザートと果てしない。
 1995年産コルトン・シャルルマーニュ、1989年産のシャトー・ランシュ・バージュのアムペリアル瓶(6立)など途方もない銘酒が出て來る、出て來る。復興に湧く仙臺の夜は更け、二次會のワイン賞味會では89年産のラフィット、マグナム瓶等他では決して口にできないワインに、つひ乘せられ一曲お耳汚しもしてしまひ、腹一杯、大滿足の晩であつた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 5日 (木)

Katsuyama 宮城調理製菓專門學校は白耳義の調理師學校に引けを取らない廣さと最新の施設で吃驚。さすが勝山グループだと感心して、マイクロバスで勝山酒造へ。震災前に市内の舊藏を移轉し、設備には大きな被害はなかつたと云ふ。すき燒今朝では震災以降、少しでも復興に役立たうと「」を扱つてゐる。今回はその上級酒が嗜めるのが樂しみであり、どんな酒藏なのは興味津々であつた。

 酒藏内は撮影禁止であつたが、遠心分離器を利用した「」の味はひが奧深く、非常に完成されたもの。そして、清酒でソーテルヌを目指したと云ふ「」は食後酒として飲むに相應しいふくよかさと深い甘口が口に廣がるが、餘韻も心地よく最高だ。これは凄い。貴醸酒なら理解できるが、よくぞ此処迄頑張った。

 早醸もとを使ひ、最新機器の數々を驅使し、清酒となつてからはタンク毎の混醸はせずに、瓶熟成のみだと云ふ。12代目の藏元、ご長男の平藏さんと、三男治平さんの心意氣には感心するばかり。日本酒ルネサンスは來てゐるのかも知れない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 4日 (水)

牛筋丼

HayateSujidon

 先週はレス協の集まりで仙臺へ。初めて、青森行の新幹線「疾風(ハヤテ)」に乘車。座席枕の高さが調節でき、前席に上着を掛ける鉤(フック)が有り、便利。凡そ1時間半で到着し、ホテルに荷物を預けた後、すきや連でお世話になつてゐるすき燒かとうへ。
 夜の総會前夜祭は派手に豪華な食事なので、控へ目に「牛筋丼」を頂く。これは1,050圓でサラダ、お新香、味噌碗、デザートまで附き、柔らかく煮込んだ牛筋は味はひ深く、温泉玉子に萬能葱を混ぜ合はせて頂くのは豪快で小氣味いい。お忙しい中、おかみさんとはゆっくり話ができた。

| | コメント (0)

2012年4月 3日 (火)

土耳古飯

Toruko 京都驛で歸へる前の晝食に土耳古ライスを初めて口にした。チキンライスにオ豚カツを載り、ドミグラスソースが掛かつてゐるもの。関東ではお目に掛かつたことがない。ドミグラスソースの甘味が程良く、チキンライスと豚カツに混ざり、こんなに美味いものとは知らなかつた。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 2日 (月)

伯爵

 造形大の通信教育部の博物館學藝員課程修了式が行はれ、その懇親會にOBとしてお招きを受け、仲間9名と參加した。2年前と同じ三条の新風館内TAWAWAの會場も懐かしく、前回はお話ばかりで、餘り喉を通らなかつたので、今回はしっかりいただいた。學年が違ふだけで、なかなか交流が持てないだけに、かう云ふ機會は嬉しい。4月から新しい教育課程(カリキュラム)となり、より一層難しくなるらしいので、今後も氣樂にお手傳ひはできないかも知れない。此処ではいつも伯爵と呼ばれる。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »