« 牛筋丼 | トップページ | 総會前夜祭 »

2012年4月 5日 (木)

Katsuyama 宮城調理製菓專門學校は白耳義の調理師學校に引けを取らない廣さと最新の施設で吃驚。さすが勝山グループだと感心して、マイクロバスで勝山酒造へ。震災前に市内の舊藏を移轉し、設備には大きな被害はなかつたと云ふ。すき燒今朝では震災以降、少しでも復興に役立たうと「」を扱つてゐる。今回はその上級酒が嗜めるのが樂しみであり、どんな酒藏なのは興味津々であつた。

 酒藏内は撮影禁止であつたが、遠心分離器を利用した「」の味はひが奧深く、非常に完成されたもの。そして、清酒でソーテルヌを目指したと云ふ「」は食後酒として飲むに相應しいふくよかさと深い甘口が口に廣がるが、餘韻も心地よく最高だ。これは凄い。貴醸酒なら理解できるが、よくぞ此処迄頑張った。

 早醸もとを使ひ、最新機器の數々を驅使し、清酒となつてからはタンク毎の混醸はせずに、瓶熟成のみだと云ふ。12代目の藏元、ご長男の平藏さんと、三男治平さんの心意氣には感心するばかり。日本酒ルネサンスは來てゐるのかも知れない。

|

« 牛筋丼 | トップページ | 総會前夜祭 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/41030/44679588

この記事へのトラックバック一覧です: :

« 牛筋丼 | トップページ | 総會前夜祭 »