« 阿竹骨 | トップページ | 花蝶畫 »

2012年4月20日 (金)

試飲會二本立て

Muellerthurgau 先日、試飲會及びセミナーが重なり、掛け持ち二本立てで場所を移動し、孰れにも不義理をせず、顔を立てられ、しっかり味はつて來れた。
 最初にサッポロさんのワイン試飲商談會。ほぼ全輸入ワイン、國産ワインが並ぶ一同に試飲できる。中でも、國産ミュラー・トゥルガウの微發泡ワインが美味。これは豫想に反して、華やかな花の香りと云ふよりはソーヴィニヨン・ブランのやうな​若草の香りいっぱいで、仄かな甘味と微炭酸が飲み易い。上代1,200円なら立派。

Lp_seminor 續いて、三越前へ移動し、ローラン・ペリエ社は名うてのシャムパーニュ・メゾン(製造社)の最高醸造責任者のセミナー。

 他社との差別化には品質向上しかなく、ウルトラ・ブリュットは補糖零、ブリュットL.Pはメゾンの代表、名刺代はりとして誰にでも飲み易いものを心掛け、グラン・シエクルはよいヴィンテージだけを集めた、マルチ・ヴィンテージの新鮮でゐて、繊細な上力強さも兼ね備へた味はひを目差し、ロゼは赤白ワインを混ぜることなく、最初から赤くオレンジかかった色合ひの出るピノ・ノワールだけに特化し、香りのよいものを特に選んで造つてゐると云ふ。微細にわたる、確固たるシャムパーニュ・メゾンの拘りと誇りを感じた。

|

« 阿竹骨 | トップページ | 花蝶畫 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 阿竹骨 | トップページ | 花蝶畫 »