« 阿古屋琴責め | トップページ | サンテミリオン »

2012年5月29日 (火)

モノ語り

Hmv102Bunomu 西麻布の古民家を改築した呑屋「葡呑(ブノン)」で、ビギニングス主催のワイン交流會「モノ語り」に參加。若い人たちが始めた、人と繋がりる、傳へ、動かし、變はつて行くと云ふことを、ワインを片手に飲み食ひし、緩く、併し真面目にやって行かうと云ふ運動に共感した。

 學生から70代まで、幅廣い世代が集まつたが、自分は既に年上の方で、若人ばかり。名刺交換して話をしても、實に面白い。全く違ふ職業の人と話すのは樂しい。
 今回は、木造建築の良さをけやき建築設計の畦上順平さんが語り、元神主でフジオ労務士事務所の大沢富士夫さんが意外と知らない伊勢神宮に就いて語り、最後に私が蓄音機に就いて語り、その後實演。皆さん、だいぶ酔つてゐたが、竹針でカザルスを掛けたら涙を流す方も。知って貰へてよかった。

|

« 阿古屋琴責め | トップページ | サンテミリオン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/41030/45442320

この記事へのトラックバック一覧です: モノ語り:

« 阿古屋琴責め | トップページ | サンテミリオン »