« 利き酒大會 | トップページ | 祝賀會 »

2012年5月24日 (木)

第百回

Suntory サントリーホールで青學オケ第100回記念定期演奏會が開かれた。外山雄三指揮、中村紘子洋琴により、マイスター前奏曲、《皇帝》《巨人》と長いコンサートであつた。

 思へばOBとして、3年前から準備に取り掛かり、今の役員の3年生が1年生の時に、君たちは100回に載るのだと言つても、全然ピンと來てをらず、傳手を頼りにホールを押さへ、著名人に振って貰ふのにトレーナーの先生方に今まで以上にお世話になり、やっと此処まで辿り着いた感がある。
 27年前に演奏したことのあるマイスターは喇叭と同じ呼吸をし、案外、獨奏が不安で、次ぎの旋律は大丈夫かと、手に汗握り、ハラハラドキドキ、聽いてゐるこちらも胃が痛くなる程緊張した。途中で止まることなく、無事に演奏が終はりホッとしたのも束の間、その後のレセプションの準備もあり、慌ただしい一日であつた。吃驚したのは、豫定に入つてゐなかつた、中村紘子さんのアンコール。15歳でデビュー以來、最先端を走るのも實に苦勞が堪へないことであらうに、いつも笑顔には頭が下がる。


|

« 利き酒大會 | トップページ | 祝賀會 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/41030/45374583

この記事へのトラックバック一覧です: 第百回:

« 利き酒大會 | トップページ | 祝賀會 »