« ワイン東京2012 | トップページ | 加藤清正 »

2012年5月16日 (水)

東京ドイツワイン協會

MazutakiTamago この頃ドイツワインの集まりばかりお誘ひを受ける。まあ、聯合會の事務局長だから仕方ないが、京橋ワインさんの試飲會は最近の造り手の傾向もわかり、興味深かった。そして、東京ドイツワイン協會の総會が築地の新三浦であつた。

 ロイヤル・コペンハーゲンやジノリの器に和食が載せられて出て來るモダンな盛り附け。また、水炊きは最初にスープだけが出て、その後一人用の鍋で供されるのにも吃驚。これにはファルツのクニプサー醸造所の造る2005年産ディムシュタイナー・マンデルプファット・ヒンメルセレヒ・シュペートレーゼ・トロッケン(グローセス・ゲヴェクス)が
よく合つた。適度な熟成具合が柔らかく煮込まれた鶏肉と抜群の相性であつた。そして、厚燒玉子にはラインガウのハンス・ラング醸造所の2011年産の若いリースリング・カビネットが爽やかで仄かな甘味が玉子によく合ふのだ。かうして、選び抜かれたワインだと和食にもよく合ふことが實証された感。堪能させていただいた。


|

« ワイン東京2012 | トップページ | 加藤清正 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/41030/45259126

この記事へのトラックバック一覧です: 東京ドイツワイン協會:

« ワイン東京2012 | トップページ | 加藤清正 »