« ブリッツィンゲン村 | トップページ | 武者繪 »

2012年6月26日 (火)

ジークリスト醸造所

Siegrist1 その昔、日本ドイツワイン協会聯合會會長の小柳さんが修業された、プファルツ地方のジークリスト醸造所。親日家とは云へ、かうして日章旗を掲げてくれるのはとても嬉しい。アウトバーンの事故澁滯に生憎の天氣で畑は歩けず、おつまみを頂き乍ら試飲だけでも19種。おまけに今まで買ったワインや明日買ふワインもまとめて此処から送つてくれることとなり、大助かり。持つべきものは友の友。

Siegrist2_2 エティケット(ラベル)には希臘神話のヘルメスが描かれてゐる。頭に翼の附いた丸い旅行帽を被り、傳令の証であるケーリュケイオンと云ふ杖に、空を飛ぶ事のできる黄金の翼が附いた魔法のサンダル「タラリア」を履き、そして武器である鎌を持つて、神々の傳令役を務める神樣の一人。

 これまでの造りではいけない、大量に造るだけではいけない、未來を見据えたワイン造りをしようと立ち上がつたプファルツの5人組が結成されて、昨年でもう20年。當時は變人扱ひされたと云ふが、世界に通用するピノ・ノワールを造り出し、シャルドネを植ゑたり、今では他が真似をするやうになつた。今でも5人で集まつては、赤ワインに就いて論議し、年に一度は世界の産地を訪ねて廻ると云ふ。農家の親父風なジークリストさんは何とも頼もしい。

|

« ブリッツィンゲン村 | トップページ | 武者繪 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/41030/45779489

この記事へのトラックバック一覧です: ジークリスト醸造所:

« ブリッツィンゲン村 | トップページ | 武者繪 »