« 清水京子展 | トップページ | モノがたり2 »

2012年7月24日 (火)

若人

 先週末は銀座八丁目のGallery Art PointでPrologue VIII シェル美術賞展2011入選作家8人展を見て來た。

 狭い會場だが、各々二作品が並び、それぞれ個性が光つてゐて、獨自の世界觀がある。パステルカラーの明るい伊太利の風景を描いたYogyami、俯瞰の海の村上紘一、植物の陰に鰐が見え隠れする日本畫の立尾美壽紀の他、
土田瞬の生と死を見詰めた作品は黒一色の濃淡の中に特に鬼気迫るものがあった。

|

« 清水京子展 | トップページ | モノがたり2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/41030/46399483

この記事へのトラックバック一覧です: 若人:

« 清水京子展 | トップページ | モノがたり2 »