« 獨逸門 | トップページ | シュタインベルク »

2012年7月 5日 (木)

ニアシュタイン

HideHide2Strub ラインヘッセン地方では、ニアシュタイン村のヒデワインへ立ち寄つた。淺野秀樹さんが1.5haの畑を借りてリースリングを造つてゐるこの土地も赤土で石灰石が混じる。急斜面の方がいい葡萄が収穫できるが、農作業は困難を極めるので皆やりたがらないらしい。ほんの一區畫ずれるだけでも、風通しが良過ぎて涼しく、この天候不順で葉が黄色く光合成不足に陥ると云ふ。

 ヒデワインは収穫した時の糖度でその年の等級を決めるので、最初からこれをカビネットにしようとか、シュペートレーゼ(遅摘)にしようとか、考へてゐない。だから、毎年違ふものになる。それが農産物だと明快な答へ。ヒデワインのお陰で高品質なものに的を絞り、露西亞向けなど輸出が好調で藏の改造も進む親方のシュトゥルブ醸造所
 ヒデワインは大半が日本向けであつたのが、昨年から歐州内の和食店の引き合ひが増えて逆轉し、既に賣れるワインの在庫はないと云ふ。素晴らしいこと。親方のワインと合はせて3種のみの試飲。それでも、ずっと多種試飲して來たのでほッとさせられた。


|

« 獨逸門 | トップページ | シュタインベルク »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/41030/45972288

この記事へのトラックバック一覧です: ニアシュタイン:

« 獨逸門 | トップページ | シュタインベルク »