« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月28日 (金)

文樂東京公演

 九月の文樂東京公演は橋下市長による壓力から倒れられた住大夫師匠が居ないばかりか、清治さんもをらず、途中で源大夫も休場して、何とも寂しい公演となつた。

 物語は歌舞伎の「鳴神」とほぼ同じだが、こちらは『太平記』の説話を謡曲にした「一角仙人」を題材とし、『今昔尾野語』の久米仙人に置き換えた《粂仙人吉野花王》。弟聖徳太子が政務を司ることを良しとしない兄、粂仙人は三種の神器を盗み出し、龍神を滝壺に閉じ込めて干魃をもたらしてゐるところに、密命を受けた花ますが色仕掛けで惑はし、行法が解かれて龍神は空に上り雨が降り出し、怒り心頭の荒れ狂ふ仙人が後を追ふ。
 破戒して墜落して行く樣が變化に富んで樂しい。

 第一部後半は《夏祭浪花鑑》。魚賣りによる殺人事件と大阪の高津宮夏祭を背景とした任侠もの。〈釣船三婦内の段〉が頂點となるが、文字久大夫が急遽住大夫の代はりを勤めたため、抑揚がなく、演じ分けがはっきりせず、獨逸の疲れが出たのか寝入つてしまひ、殆ど記憶がない。
 自分的には〈長町裏の段〉の義父義平次を團七が揉み合ひの末、殺めてしまふ場面の方が印象的。海老藏よりも迫真の演技の人形の方が感情移入できた。この日は源大夫がまだ頑張つてゐた。

 そして、第二部前半は《傾城阿波の鳴門》。お家騒動の末、紛失した家寶の刀を探す爲に盗賊一味に加はつた阿波十郎兵衛。偶然やつて來た巡礼の子が自分の子だと氣附いた妻お弓は災難が降り掛かるよりは母だと名乘ることもできず、路銀を渡して去らせるものの、十郎兵衛が誤つて殺してしまひ、悲嘆に暮れ乍らも追手からの逃れるのでした。
 運命の惡戯か悲劇に悲劇が重なり、自分の子を殺してしまふなんて云ふ泥臭い話はとても遣り切れない。文雀のお弓が涙を誘った。

 そしてトリは《冥土の飛脚》。〈封印切の段〉は歌舞伎でもお馴染みだが、自分は文樂が先であつた。飛脚爲替の亀屋の主人、忠兵衛は持参金附の養子となつて早4年。もう二十歳となつたものの、傾城梅川と戀仲となり、會社の金に手を附け、女郎の前で罵られたと、短氣を起こして公金まで横領して逃げると云ふ話。
 嶋大夫はお疲れなのかだいぶ聲が枯れてゐたが、ベタな世話物を得意とするだけに、迫真に迫る聲色で惹き附け、寝る暇も餘へなかった。いつもは男役の勘十郎が梅川を、いつも女形の忠兵衛を和生が演じ、成る程、しっぽりとしたよい感じであつた。

〈道行相合駕籠〉では、霙(ミゾレ)混じりの寒空の下、薄(ススキ)のなびく音にさへ怯え、一目母親に會ひたいと實家目指して戀の逃避行。寂しい場面だからこそ、賑やかな伴奏が哀れ。

|

2012年9月27日 (木)

同窓會

Mencon 毎年、9月23日の同窓祭に合はせたAGOのOB會総會及び同窓會も無事に終はつた。ずっと総會は司會を仰せ附かつてゐるが、一部抜かしたりしたものの滯りなく濟み、續いて開かれた同窓會では、例年以上に學生が大勢驅け附けてくれたお陰で大いに盛り上がつた。例年の倍以上來てくれた爲、料理が足りなくなりさうであつたが、少し控え目に食べてくれたので、何とか足りた状態。來年は豫算と共に人數を考へねばなるまい。
 無事に任期滿了に伴ひ事務局長の役を下り、今後は副代表として陰乍ら支へて行くつもり。

 また、OBと現役學生との合同演奏も増え、單に出資、後援するだけでなく、一緒に音樂を奏でる素晴らしさは何ものにも代へ難い。附き合はされた學生もたいへんであつたと思ふが、學生だけの小編成オケのメンデルスゾーンの提琴協奏曲 第一樂章の獨奏は次期コンマスが期待に應へる白眉の出來。まだ、正式には決まつてゐないらしいが、これなら大丈夫であらう。

 獨逸演奏旅行へ一緒に行つた學生たちとは10日振りであつたが、随分と久し振りな感じがし、苦樂を共にした仲間意識が芽生えたのが嬉しい。續けること、繋げることが、今の我々にできること。


| | コメント (0)

2012年9月26日 (水)

10周年

Kusuda 新西蘭(ニュージーランド)で初めて日本人としてワイン造りを始め、早10年となつたクスダワインの記念パーティーがシノワ澁谷であり、參加した。 古くからの友人や實際に収穫を手傳つた人たちだけの内々の會であつた。

 苦節十年の歴史をさらりと話す楠田さんの魅力もさること乍ら、ワイン賭ける情熱の塊は葡萄畑の管理から剪定、選果まで徹底してをり、更に日本から毎年驅け附ける友人たちの思ひがワインに結晶してゐる。だからこそ、世界最高のピノ・ノワールを目指して日々努力を怠らない。そんな友のゐる幸せ、そのワインをすき燒今朝で扱へる幸せ、そして飲める幸せ。暑かった2006年のワインはやや果實味が強いと云ふが、今この瞬間に華開き、艶やかな味はひであつた。ソムリエ勉強時代に知り合つた人だとか、久し振りにお會ひする方々も多く、樂しい會であつた。

|

2012年9月25日 (火)

山猫軒

Photo 第三回「モノがたり」は阿佐ヶ谷の世尊院の講話と蓄音機の後、ねじめ正一さんの民藝店「ねじめ」を訪ね、奥樣から名もない職人の作品(民藝)と作家の作る工藝の違ひ、今、民藝は高價な商品となり、作家名が附かないと賣れなくなつたと云ふ。後繼者難は何処も同じ。

 そして、また歩いて映畫館ラピュタ内の「山猫軒」へ。ジブリさんとは何ら関係ないらしいが、圓筒形に蔦の絡まる不思議な建物の二階、拘り抜いた有機野菜と氣樂な佛蘭西料理が樂しい。
 スパークリングワインに前菜、白ワインに一品、赤ワインに主菜を選び、デザートまたは甘口ワインと云ふ趣向。今回は人數が少なくこぢんまりとして、これまたいい雰圍氣であつた。たまたま、一緒に獨逸へ行った後輩に聲を掛けたところ、來てくれたので、思ひ出話に華が咲き、尽きぬまま、ワインバーへと梯子した。


|

2012年9月24日 (月)

世尊院

Sessonin Beginnings主催の日本再發見プロジェクト「モノがたり」で、今回は阿佐ヶ谷を訪ねた。祭り囃子の聞こえる中、世尊院で副住職と共にお經を上げ、説話を聞いた。「宗教が心を育てる」「お天道樣が見てゐる」と云ふ話の後を受けて、HMV102を本堂で掛ける。

 常々「音樂は心を豐かにするもの」と思つてゐたので、そんな解説を交へ乍ら、阿佐ヶ谷ジャズ・フェスティバルに因んで、グレン・ミラー樂團の《アメリカン・パトロール》 RCA Victor 20-1564A、ナット・キング・コールの《Embraceable You》 Capitol 20009、グレン・ミラー樂團の《アウト・オブ・スペース》 HMV BD5565の3曲を掛けた。疊はかなり音を吸ふので方丈内に腰掛けを置き、その上に蓄音機を設置。案外いい音がしたが、ゼンマイが弱いので途中で止まつてしまふこともあつた。


|

2012年9月21日 (金)

フュッセン

Fuessen 最後の演奏會は初日にリハーサルをした、フュッセンの祝祭劇場。舞臺雛段を少し前に出してくれたお陰で、だいぶ音が前に出るやうになつた。かなりの改善にホッとするものの、管樂器によつては天井の反響板に當たらず抜けてしまふので、向きを變へたり、微調整。兎に角、泣いても笑つても、けふで最後だから、送り出してくれた家族や出資者、それに関係者に感謝して、思ひ切り樂しめ!笑顔で行けと諭す。

 すると、本番コンツェルトマイスターは滿笑顔であつたらしく、絃樂器男子が下を向いて苦笑してゐるのが、客席後方からでも判る。今まで袖から動畫を記録してゐたが、此処では調音室のやうな所から撮影できたのでほぼ真ん中。高品位ヴィデオで何処まで撮れるのか知らないが、綺麗であらうことは確か。新しいヴィデオカメラに三脚は後輩に持たせ、この一週間、本番だけは廻しっ放しであつた。

 最終日は發破を掛けた所爲か、見違へるやうに素晴らしい演奏であつた。各人伸び伸びと、然も樂しさうに演奏してゐることがこちらにも傳はり、指揮者も乘り乘りで振つてゐる。此処までの長い道程を考へると、こちらまでほんたうに感謝の気持ちで一杯になる。日に日に上手になるのが手に取るやうにわかり、學生たちの吸収力と上達に舌を巻いた。

|

2012年9月20日 (木)

オクセンハウゼン

Ochsenhausen 二回目の演奏は、オクセンハウゼンに在る音樂アカデミーのホール。此処は元修道院の麦酒醸造所跡を改装したもの。テラコッタの瓦屋根の載る二等辺三角形の天井が高く、客席は木造の梁の儘で、舞臺だけ鐵骨にしてある。音響的にはそれなりに響く。學生諸子は此処で初めてシベリウスの交響曲2番を本番演奏。リハーサルと違ひ、ビビッたのか、縮こまった演奏であつたが、アンコールの《ラプソディ》が受け、地鳴りがする程、觀客が床を鳴らしてもう一曲望んだが、用意がなくあっけなく終はり、がっかりしてゐた。また、拍手に對して笑顔がなく、體調不良か疲れからかと、心配する聲を耳にした。いつも真面目な顔をしろと言はれ續けて來たのか、真面目なのか、かう云ふ時に佛頂面をしてはいけないと習はなかつたのであらう。自分たちの演奏なのだから、もっと樂しさうにして欲しいものだ。

|

2012年9月19日 (水)

合宿所

Kloster 引率を含めて管絃樂團全約90名が一緒に泊まれる所となると、日本ならば合宿所もあるであらが、海外ともなるとなかなか見附からない。ロート・アン・デア・ロートのザンクト・ノルベルト・ユーゲントハウスは三食附で約100名が泊まれるので助かった。元々修道院であり、日曜日にはミサが開かれ、その他禮拝堂開放時に奉納演奏させて貰つた學生もゐた。殘響が素晴らしく、一人で低音を出した上に旋律を重ねて歌ふこともできたと云ふ。かう云ふことは獨逸の田舎ならではのこと。

 中には5人部屋もあるが、トイレ、シャワーは共同なのが、まあ、大浴場はないが、日本の温泉宿のやうでもある。自分は引率なので、トイレ、シャワー附の部屋を用意してくださり助かった。地下のバーの鍵を預かり、アルコールを24時まで販賣。場合によつては、金管打樂器の後輩の招きに應じて朝3時まで飲んだことも。利害関係のない學生たちと、翌日のことも考へずに音樂談義に華を咲かせて樂しんだ。とは云ふものの、8時の朝食にはきちんと起きられたから不思議。氣が張つてゐたのであらうが、移動中のバスや午後のリハーサル中は客席で何時の間にか寝入ることも屡々。それで帳尻があつたので、良しよしよう。

Fruestueck 豫算が限られてゐることから、晝食は朝食の殘りをサンドヰッチにして持つて行つた。夕飯は獨逸風な冷たい食事だけでなく、温かいパスタやふんだんにサラダを出してくれたお陰で、夏合宿より美味いと評判となつた。


|

2012年9月18日 (火)

プリマヴェーラ社

Primavera アロマオイルや自然派化粧品製造會社プリマヴェーラ社の新社屋の廣間にて、最初の演奏會。管絃樂團を初めて迎へ、然も獨逸での最初の演奏會と云ふことで、社長が一番昂奮してゐたのには驚いた。リハーサルの間に社内も見學させてくれ、遠くにツークシュピッツ(獨逸最高峰)を見渡し、自然光をふんだんに取り入れ、仕切りのない自慢の事務所を回り、最後に二割引で商品を購入させてくれる大判振る舞ひ。

 地元酪農家が多いであらうからと、交響曲はやらず、酒井雅子さんを迎へたモオツアルトの洋琴協奏曲第23番、日本の《櫻》編曲、ルロイ・アンダーソンやチャイコフスキイの輕快な曲が受ける。アンコールに演奏した外山雄三の《管絃樂の爲のラプソディ》は殊の外受けて、総立ちとなり、再度後半部分を演奏することとなつた。何か譜面さへ用意すれば、もう一曲聽いてくれただらうに口惜しい。獨逸人の餘りの反應に戸惑ふ學生たちの困惑の表情が面白かった。
 全員出番となつた後半は下手扉の開け閉めをし、舞臺進行を司るステージマネージャーをした。實に20數年振りの作業分擔が嬉しかった。拍手に應へて、指揮者にアンコールをお願ひする立場だなんて、滅多にやれない。

|

2012年9月14日 (金)

祝祭劇場

Festspielhaus 學生の附き添ひで訪ねたフュッセンの祝祭劇場。バイロイトに似せてあるだけに、そっくり。外見も中身も。舞臺は斜めではないものの、中の椅子は左右からしか入れず、薄い木製の椅子に布地が張られたところやオペピが見えないやうに工夫した土饅頭のやうな舞臺の縁など、随所に彷彿とされるものが溢れてゐる。

 幾年か前に演劇「ルートヴィヒ」で當つて、獨逸全土に名を轟かせたと云ふのも、あながち嘘ではなからう。この眼前には湖が廣がり、奧の山の中腹にはノイシュバンシュタイン城が鎮座して、如何にもな感じの観光地ではあるが、正直息を呑む美しさ。これには參つた。學生たちも素晴らしい演奏をしてくれた。

|

2012年9月13日 (木)

ヘーフェ

Hefe 先發隊を率いて訪れたミュンヘン空港。現地駐在の後輩の出迎へを受け、皆で一緒にヘーフェで乾杯。この濁りは生きた酵母が入つてゐる爲で、小麦の甘味があり、バナナのやうな香り。美味かつた。瓶ビールではなく、生なのは空港内のレストラン「エア・ブロイ」で醸造してゐるから。
 獨逸では低アルコール、即ちビールなら16歳から飲酒が認められてゐる。

|

2012年9月12日 (水)

歸國

 今朝、無事に歸國。追々報告します。

|

2012年9月 7日 (金)

演奏旅行

 昨日から母校の管絃樂團の演奏旅行に附き添ひ獨逸へ來てゐる。南獨バイエルン州の田舎街での演奏會故、PCが繋がらない可能性が高い。學生らしい元氣で勢ひのある演奏をして、現地の人を驚かして欲しいものだ。一週間留守にします。

|

2012年9月 6日 (木)

女流作家

 銀座三越の新館8階で、アートソムリエの山本冬彦さんが選ぶ「珠玉の女性アーティ​スト展」が開かれてゐる。若い作家を選んだら、偶然女性ばかりになったと云ふ。

 作家數が多いので一人二作品と云ふことで、各々自信作を出したのであらう。それぞれの個性が際立ち、丸切り違ふ作風なので、とても樂しい。作風が被らない作家を選んだ山本さんの審美眼はさすがだ。また、既にご紹介頂いた作家さんたちも在廊してゐるので、まるで関係者のやうな氣持ちで作品を觀ることができた。かう云ふ華やいだ雰圍氣だと、繪も生きて來て、和やかに包まれてゐた。

|

2012年9月 5日 (水)

用の美

 日本橋高島屋で「バーナード・リーチ展」で東西の融合を夢見たリーチの陶藝作品120點を觀た。ぼってりと釉藥が掛けられた陶器は重さうだが、普段使ひに氣を遣ふ必要もない。

  「用の美」、普段使ふ日用品に美を見い出だし先人たちの美意識に感じ入る。我々が今使ふことで、殘され、次の世代に繋がつて行く筈。隣の展示即売している「民藝展」にもなかなか素晴らしい作品が多い。長年使ひ續けられて來た道具の形には意味が込められてゐる。單に實用に留まらない美しさがある。今では貴重な手仕事も多いのだらうが、見て触って納得した。

|

2012年9月 4日 (火)

最強の二人

 佛蘭西映畫「最強のふたり」が公開されてゐる。大富豪フィリップはパラグライダーの事故に遭ひ首から下が麻痺してをり、介護人を選ぶ面接で、就職活動をしたと判子が貰へれば失業保險が手に入ると云ふスラム街出身のドリスが來る。何もかも正反對の二人なのだが、飾らず本音で生きる姿勢は同じ。同情や哀れみの目にうんざりしてゐたフィリップに對して、ドリスは容赦ない。併し、偏見もないし、健常者としての上から目線でもない、魂と魂のぶつかり合ふ、人としての附き合ひ方をする。

 誕生日には樂團が來てクラシックを演奏してくれるが、それを論評するドリスが樂しい。〈熊蜂の飛行〉はディズニーのやうだと言ひ、職安でかかってるから誰でも知つてゐるだとか、バッハは裸の女性たちが走り回って笑ってるやうだとか、テレビ宣傳で聞いたとか。クラシック好きにはさう云ふ風に聞こえるのかと参考になつた。そして、アース・ウィンド・ファイヤーのやうな80年代ディスコ曲を見事に踊る。それまでのスゥエットシャツからスーツを着てゐるが、しなやかな踊りの妙には吃驚。文通相手の小さな兆しを見附けて後押しをしたり、大いに笑ひ、しんみりして、最後はほんわか終はる。見終えた後の心の晴れ晴れしさがいい。

| | コメント (0)

2012年9月 3日 (月)

試驗對策講座

 土曜日に、ケナークラブ主催の「ケナー呼稱資格認定試驗對策講座」を無事修了。2時間と云ふ長丁場を休憩なしで喋りッぱなし。マイクロフォンがある爲、きちんと丹田から聲を出さず、上ッ面の聲の出し方で喉が痛くなつたのが失敗であつた。

 教本の主要箇所を畫像を交えて説明した。然も、きっかり2時間。以前にも蓄音機の會で、同じやうに時間丁度に終はつたことがあり、途中で時計を見乍ら、適當に話を延ばしたり、短くしたりして、皮膚感覺で時間が分かつて來た感じ。
 試驗に出さうな重要箇所は幾度も話したので、今期は高得點が出ることだらう。

|

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »