« ヘーフェ | トップページ | プリマヴェーラ社 »

2012年9月14日 (金)

祝祭劇場

Festspielhaus 學生の附き添ひで訪ねたフュッセンの祝祭劇場。バイロイトに似せてあるだけに、そっくり。外見も中身も。舞臺は斜めではないものの、中の椅子は左右からしか入れず、薄い木製の椅子に布地が張られたところやオペピが見えないやうに工夫した土饅頭のやうな舞臺の縁など、随所に彷彿とされるものが溢れてゐる。

 幾年か前に演劇「ルートヴィヒ」で當つて、獨逸全土に名を轟かせたと云ふのも、あながち嘘ではなからう。この眼前には湖が廣がり、奧の山の中腹にはノイシュバンシュタイン城が鎮座して、如何にもな感じの観光地ではあるが、正直息を呑む美しさ。これには參つた。學生たちも素晴らしい演奏をしてくれた。

|

« ヘーフェ | トップページ | プリマヴェーラ社 »